navi

【ROLLING DUB TRIO】ソールカスタムの悩ましき配色

FANS.浅草本店のYUMA.です。

 

ソールをカスタムしようと思いついたらいろんな構想を練るわけですが

「ソールの配色」も悩ましい要素のひとつです。

 

レザーソールにしろラバーソールにしろ、カスタム用ソールにはいくつかのカラー展開があります。

色味の違いはカスタムにおいて印象を左右する重要な要素。

今日は色味の組み合わせパターンをいくつか紹介します。

 

①アッパーとソールが同系色パターン

基本的にはアッパーと同系色のソールなら間違いはありません。多くの場合でうまく馴染んでくれます。

カスタムの面白みにはやや欠けるものの安定感は抜群です。

たとえ同色であっても「レザーパーツ」と「ラバーパーツ」を組み合わせることで、質感に変化をつけて楽しむテクニックもあります。

(↓黒アッパーに黒いウェルトと黒いソール)

 

②アッパーとソールを異なる色で仕上げるパターン

アッパーと違う色のソールにしても、靴全体に使われている色が2色までなら統一感も出しやすいです。

既成品のイメージから離れ、カスタムならではの自由度が広がります。
普段お召しの洋服との相性も考慮すればコーディネイトのレベルがグッと上がるのでは。

(↓ネイビーのアッパーですがブラウンのソール。靴紐も同系色でリンクさせる小技によって、色違いソールでも馴染みやすくなります。)

(↓こちらはアッパーと同色ソールですがダシ糸を白で縫っています。モカ糸の白と揃えてモノクロ配色。真っ黒よりもポップになりアーバンなスタイルに。2色以内ですのでバランスが取りやすい配色です

 

③アッパー、ソール、ステッチなど3色以上の異なる色で仕上げるパターン

カスタム中級者以上が手を出すトリオカラーのパターンは、狙いをハズすと一気にダサくなります。

しかしうまくまとめれば存在感のあるオンリーワンカスタムになることでしょう。

ポイントは「あまり鮮やかに仕上げすぎない」こと。

ビビットなカラーリングで多色使いすると「」が出てしまいます。

渋めのくすんだ色味を組み合わせることで、ナチュラルで重厚な雰囲気を作ることができます。

(↓ローリングダブトリオのコペン。黒のアッパーにダークブラウンのミッドソール、翡翠色のDr.Sole)

 

肉厚なアッパーの雰囲気に合わせて

シックなダークブラウンのレザーミッドソールと、美しい翡翠カラーのラバーアウトソールを組み合わせました。

コバ面はより落ち着きがでるようにアウトソールをワントーン落ち着いた色味に調整しています。
底面の画像と比べると、くすんだ色になってるのがわかります。

 

こちらは銀座工房店長ハタノ氏のペア。

「カスタム仕様はおまかせ」ということで個人的趣味をモリモリ押し付けたソールカスタムをさせていただきました。

丁寧にインプレッションもしてくださいましたのでぜひ銀座工房のブログもご覧ください。

実用的な履き心地や印象をわかりやすく紹介しています。↓

【ROLLING DUB TRIO】底材に翡翠色という新たな選択肢

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いつもFANS.浅草本店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
荒井弘史靴誂え室の荒井弘史による接客について、現在予約制としております。
ご希望日時を下記のFANS.浅草本店もしくは荒井弘史靴研究所へご連絡くださいませ。
尚、ご依頼品に関するご相談やご調整なども、お気軽にご連絡頂ければと思います。楽しみにお待ちしております。

FANS.浅草本店 【火曜定休】10:00~18:00

〒111-0034
東京都台東区雷門2-13-4
TEL:03-5811-1831
E-MAIL:info-fans@randd.co.jp

荒井弘史靴研究所
https://h-arai.com/jp

TEL:03-3841-8570
E-MAIL:info@h-arai.com

また今後の営業につきましては随時更新いたしますが、
突然の変更も起こり得ますので、何卒ご容赦ください。

お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。