navi

失敗しない!靴のお手入れ基礎知識3

こんにちは。大阪工房のさおおです。

今回は、靴のお手入れ基礎知識の第3回「艶出し」についてのお話です。

(第2回「保革」についてはこちらの記事をご覧ください)

 

靴磨きの醍醐味「艶出し」

艶の有無によって、革靴の印象は大きく変わります。

特にビジネスシューズやドレスシューズは艶を出して、綺麗に履きたいものです。

艶出しの工程は、

・クリームの塗布

・豚毛(化繊)ブラシでクリームをなじませる

この2点だけ。非常にシンプルなものです。

 

クリームの塗布

クリームを塗る前の状態です。

 

今回使用する道具はこちらです。

M.MOWBRAY PRESTIGIO クリームナチュラーレ ¥2,200(税込) (向かって左)

M.MOWBRAY ペネトレィトブラシ ¥440(税込) (真ん中)

紗乃織 SANOHATAブラシ手植ブラシ ¥16,500(税込) (向かって右)

クリームは、艶が出るものをお選びください。

ブラシは化繊か豚毛のものを使用します。

 

ペネトレィトブラシにクリームをとります。

クリームの量に注意してください。

片足につき、米粒2,3粒程度が適量です。

足りなければ、その都度少しずつ足します。

クリームが多すぎると、ブラッシングの際にブラシがもたついて艶が出にくくなります。

また靴表面のべた付きの原因にもなります。

私も靴磨きを始めた頃は、艶を出したい一心で大量のクリームを塗り、べたつきを無くすのに苦労しました。

 

全体にクリームが行き渡るように塗り広げます。

 

靴本体とソールの隙間など、細かいところに塗り逃しがないよう気を付けてください。

 

これでクリームの塗布は完了です。

この段階では、艶は出せんが安心してください。

次の工程に移ります。

 

ブラッシングで艶を出す

前回のデリケートクリームの時と同様で、クリームが乾ききらないうちにブラシをかけていきます。

ムラなく仕上げるための、大切なポイントです。

手先だけではなく、肘から先を大きく動かして、ブラシをかけます。

大きく動かした方が、効率良くクリームを馴染ませることができます。

 

向かって右側が磨いたものです。

きれいに艶がでました。

あとは「拭き取り」の工程を残すのみです。

次回に続きます。

 

—————————————–
【M.MOWBRAY 公式YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UCDyDHPhnr53CV5EZ7eKIZmw
——————————————
【M.MOWBRAY 公式Instagram】
https://www.instagram.com/m.mowbray/
——————————————
【M.MOWBRAY 購入先はこちら】
M.MOWBRAY 公式オンラインストア
https://shop.m-mowbray.com/SHOP/189384/list.html
——————————————
【シューケア&リペア工房】
大阪市北区梅田3-1-3
ルクアイーレ大阪8F イセタンメンズスタイル内
・工房直通:06-4301-3933
・Instagram:@osaka.shoecare
・Twitter: @oosaka3


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。