navi

靴磨きブラシの使い分け~山羊毛ブラシ~

こんにちは、京都工房の西澤です。

 

今回は「靴磨きのブラシの使い分け」の最終章。

“山羊毛ブラシ”についてのお話です。

「靴磨きブラシの使い分け~馬毛ブラシ~」

「靴磨きブラシの使い分け~豚毛ブラシ~」

 

 

靴磨きの最終工程「山羊毛ブラシ」

(写真:左)SANOHATA BRUSH × M.MOWBRAY手植えブラシ山羊毛 ¥18,700(税込み)

(写真:右)M.MOWBRAY プロ・ゴートブラシ ¥3,300(税込み)

 

豚毛ブラシで靴クリームを革全体に馴染ませた後、

革の表面を均一に整え、さらに光沢を引き出します。

 

このために必要なブラシの特徴は2つあります。

 

・毛が細く、柔らかい

・毛量の多い(毛の密度が高い)

 

この2つの特徴を兼ね備えたブラシが、山羊毛ブラシです。

横から見てみると毛の細さ、毛の密度がお分かりいただけるはずです。

実際に手で触ってみると、他のブラシと比べて圧倒的な柔らかさを感じます。

 

 

山羊毛ブラシ 使用前と使用後の比較

では実際に山羊毛ブラシを使用する前と、使用した後の仕上がりを見てみます。

豚毛ブラシでブラッシングした状態が上の写真です。

山羊毛ブラシを使用したことがない方にとっては、

「あれ、これでも十分な光沢感がある」と感じるかもしれません。

 

 

この状態から写真右側に山羊毛ブラシを使用します。

いかがでしょうか。

写真右側は黒色の発色が鮮やかになり、光沢が強くなりました。

 

豚毛ブラシよりも細く柔らかい毛質の山羊毛ブラシは、表面をより平滑に整えてくれます。

 

この最終工程は山羊毛ブラシ以外にも、

ネル生地(クロス)やグローブクロスといった布で行うこともあります。

”絶対に山羊毛ブラシでなくてはダメ”ということはありません。

 

山羊毛ブラシは靴磨きの楽しみを深めてくれる一本です。

細く柔らかい毛が生み出す、キメ細かい光沢。

コードバンの仕上げや鏡面磨きの仕上げなど、用途の幅広さ。

この魅力は、他のブラシでは味わえないものです。

 

 

「必ず必要ではないけれど、最も欲しくなるブラシ」

それが山羊毛ブラシです。

今の靴磨きからさらに一歩踏み込みたい方は、ぜひ一度お試しください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

 

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。