navi

靴磨きブラシの使い分け~豚毛ブラシ~

こんにちは、京都工房の西澤です。

今回は前回に続き、ブラシに関するお話です。

 

前回はホコリ落としに最適な、馬毛ブラシをクローズアップしました。

前回ブログはコチラ→https://www.shoe-repair.net/blog/kyoto/10247/

今回は豚毛ブラシです。

 

 

 

クリームを革になじませる豚毛ブラシ

SANOHATAブラシ 豚毛 ¥4,950(税込み)

靴磨きでは、靴クリームを塗った直後にブラシをかけます。

革に塗った靴クリームが乾いてしまう前に、全体に均等に伸ばし、なじませるためです。

 

ではなぜこの作業に豚毛ブラシが最も向いているのか。

それは豚毛ブラシがこのような特徴を持っているからです。

・硬い毛質で、弾力が強い

・毛束の間隔が広い

 

 

 

硬い毛質が向いている理由

基本的に靴クリームは油やロウが含まれていて、粘り気があります。

靴クリームが革に塗られた直後に使うブラシは、この粘りに負けない強さ=毛の硬さが必要です。

毛質が柔らかすぎると、クリームの粘りに毛が引っ掛かかってしまい、うまくクリームが伸びません。

毛質が硬いと、毛が引っ掛かることなく、スムーズに革全体になじませることができるのです。




毛束の間隔が広い理由

豚毛ブラシは、馬毛ブラシや山羊毛ブラシと違い、毛束の間隔が広く作られています。

(写真上が馬毛ブラシ、下が豚毛ブラシ)

豚毛ブラシは毛束の間隔が広く作られているため、土台となる木の持ち手が毛束の隙間から見えます。

 

一つ一つの毛束の間隔を広くすると、毛が大きく動くことができます。(可動域が広い)

毛が大きく動くと、一本一本の毛は強くしなります。

この強いしなりによって、クリームを広範囲に、素早くなじませる力が生まれます。

 

いかがでしたでしょうか。

豚毛ブラシがクリームをなじませることに適した理由、ご理解いただけると嬉しいです。

次回は靴磨きの最後の工程で使用する、山羊毛ブラシについてお話したいと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

 

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。