navi

知る人ぞ知る「BONORA」の本気

皆さまこんにちは。銀座工房のはたのです。
通勤中、ふわっと香る金木犀の匂いに癒され秋の訪れを感じております。

さて、本日は見かけることが少なくなった「BONORA」の魅力について、個人的な見解を元に紹介したいと思います。

 

歴史

1878年、イタリア・ボローニャで創業された「BONORA/ボノーラ」。
従兄弟関係にあったオリヴェロ・ボノーラとイルデブランド・ボノーラにより創業し、
100年以上の歴史あるシューファクトリーです。

創業当時はビスポーク中心で、市場への流通が少なく
「知る人ぞ知る」名門シューズブランドでした。

200近い作業工程を職人が手作業で熟します。
そのため、製造される靴は1週間に10足以下と少ない数だったそうです。
しかし、量より質を求めた靴作りは、多くの靴好きを魅了しました。

見た目だけでない配慮した選定

英国のクラシックさと、
イタリアの気品が組み込まれたボノーラの木型も見た魅力的ですが、
アッパーで使用する革質も品質の高いものです。

そして、ただ美しい革というよりは、
大切にすれば長く履けるように、
強度を意識した革の選定がひしひしと感じられます。

ボノーラを磨いていると、肉厚な革質を感じることも多く、
新品よりも、5年履き込んだ、10年履き込んだ靴が楽しみになります。

ボノーラと言えば、
シームレスヒールが有名ですが、
私はウィールのあて具合をおすすめしたい。

他のブランドでも見受けられる感じはあるのですが、
アッパーの見た目と、上からのぞいた時ちらっと見えるコバが、
いい意味で相反しており、魅力的です。

この靴に関しては、ダブルになっているステッチングと、
スムースレザーとシュリンクレザーの使い方が秀逸です。
横から、上から、正面から、離れてみても、近づいても、
良い靴だな…。

履き手のことを考え、
職人の思いと熱意を感じさせるボノーラの靴は見ているだけで心がおどります。
市場に出回ることも少なくなりましたが、機会があった時はぜひ見てみてください。

しかし…

良い靴でした。

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。