navi

革靴のひび割れ・裂け問題どうする?

「生きた皮膚を持つロボット開発成功」

先日のニュースに気になる見出しがあり、思わずじっくり読んでしまいました。人の皮膚細胞を指型ロボットの周囲で培養・増殖させることに成功したという内容でした。培養皮膚は細胞が生きているため自ら傷を治す修復機能があり、今後の医療品開発や革製品の未来も大きく変化しそうなニュースです。

とはいえ、現状で革靴に自己修復機能はありません。長く履いていると起こりがちな革のひび割れ、裂け問題はどうしたらいいのでしょうか。

 

なぜ裂ける?

そもそも、革靴のひび割れや裂けはなぜおこるのか。

・クリームの塗りすぎによる硬化

・水分・油分が抜けて乾燥

・シワをそのまま放置、シワが深くなり劣化 など

さまざまな原因によりおこる現象なので、完全に防ぐのは難しいです。しかしなるべく裂けないように履きたいですよね。今回はひび割れや裂けを防ぐためのポイントを3つご紹介します。

 

POINT①汚れ落とし

革靴のケアに必要な栄養を与える靴クリームですが、塗りすぎは禁物です。

古いクリームが硬化してひび割れに繋がります。

M.MOWBRAY ステインリムーバー

ステインリムーバーを使い、汚れや古いクリームをしっかり除去してから、新たなクリームでケアすることが大事です。

 

POINT②保湿

長年ケアしていなかった靴や、雨に濡れたあと放置していた靴は、革の内部の水分や油分が抜けて乾燥していることが多いです。その状態のまま履くとひび割れのリスクがあるので、革の柔軟性を高めるクリームでケアしてから履きましょう。

M.MOWBRAY デリケートクリーム

M.MOWBRAY プレステージ リッチデリケートクリーム

保湿ケアに特化したデリケートクリームがおすすめです。

 

POINT③シューツリー

靴を履かない期間も、シューツリーを入れておきます。

履きシワをしっかり伸ばしておくと、シワが深く入った部分の負担が減り、型崩れ防止にもなります。

靴を磨く際もシューキーパーを入れた状態でおこなうと、シワ部分にもクリームが浸透しやすいです。それぞれの靴の木型にあうシューツリーは準備しておきたいですね。

 

長く履いている革靴におこりがちなひび割れや裂け問題は、日ごろのケア次第で先延ばしすることが可能です。近い未来、自己修復する革靴が開発されたら、この問題もなくなるかもしれません。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

FANS.新橋

〒105-0004
東京都港区新橋2-17-14
JR東日本 新橋駅構内 FANS.新橋

営業時間:平日 11:00~20:00 / 土日祝 11:00~19:00

電話番号:03-6228-5155

  SNSアカウント  
 
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ
 

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。