navi

革に潤いを与えるデリケートクリームの特徴を紹介

みなさんこんにちは。銀座店のはたのです。

次女が幼稚園に入園いたしました。

新しい制服を着て、家ではウキウキでした。しかし、幼稚園に到着したと同時に、不安とプレッシャーに負け泣いてしまったとのこと。長女と同じく、幼稚園に行きたくない現象が今年も夏まで続きそうです。次女よ頑張れ!

さて、当工房が所属する紳士売り場でも、春物の展示が中心となり、鮮やかなレザーブルゾンが目を惹きます。

お手入れには、水分を豊富に含んだ無色の「デリケートクリーム」がおすすめです。

革の柔軟性をしっかり保ってくれるほか、鞄、ベルト、革小物と万能に使用できる嬉しいアイテムです。

デリケートクリームの特徴。他のクリームの違いとは?

革製品に使用できるケア用クリームには種類があります。

クリーム状のものや、やや固形のWAX、滑りのあるオイル系など、さまざまです。

それらすべて違う用品に思われますが、実はベースとなる成分自体に大きな違いはありません。

「何が違うのか?」ということが疑問が上がりますが、

異なる点は、水分やロウ、油分の配合率です。

ツヤを出す、クリームやWAXであればロウ分の割合が高くなります。デリケートクリームは油分やロウ分を控え、水分の割合が多く浸透率に比重をおきます。油分が少ない分、さらっとした仕上がりになりますが、ツヤがあまりでないのも特徴です。

水分、ロウ、油分という成分の中に、カルナバやビーズワックス、アルガンオイルやラノリンなど種類があります。

各メーカー、独自の配合率と油分で使用感、仕上がり具合に変化をつけています。

おすすめデリケートクリーム3選

デリケートクリームの特徴は水分です。

当工房で人気なデリケートクリームを3つ紹介したいと思います。

【M.MOWBRAY】デリケートクリーム ¥1100(税込)

べたつきにくく、ツヤが抑えめのベーシックなデリケートクリームとして人気です。ゼリー状で伸びが良く、革に柔軟性を持たせ、乾燥やひび割れから守ってくれます。

【M.MOWBRAY PRESTIGIO】リッチデリケートクリーム ¥1650(税込)

アボカドから採油した「天然アボカドオイル」が主成分であるリッチデリケートクリーム。浸透性に特化しておりシミになりにくく、色の薄い靴やデリケートなソフトレザーなどにもお使いいただけます。

【FAMACO】FAMACO1931デリケートレザージェル ¥3080(税込)

フランスのFAMACO社から発売されているデリケートレザージェル。いろいろなデリケートクリームがある中でも保湿力に優れた使用感になります。ビーズワックス、カルナバワックス、シアバターなど、天然のロウ、油分が配合されており、しっとりと革を保湿し、留めておく効果があります。使用している時の爽やかな香りをお楽しみいただけます。

デリケートクリームと聞くと同じような感じはしますが、それぞれの特徴があります。
仕上がり具合や、特徴を詳しく知りたい場合はスタッフまでお気軽にお声掛けください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

★Instagramも更新中★   https://www.shoe-repair.net/category/blog/ginza/

Twitter:@ginzashoecare

Instagram:@ginzashoeshineshop

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。