navi

Meister interview vol.3 〜 SHOEBOYS 代表 奧野奏さん、店長 黒澤聖宏さん 〜

革靴、皮革製品や靴磨きなど、足元のお仕事に携わっている方はもちろん、
ファッションや皮革に精通しているプロフェッショナルな方々を、
M.MOWBRAY シューケアマイスターがインタビューし、ご紹介する企画です。

今回は、昨年7月にオープンとなった池袋の革靴専門店 SHOEBOYSさんより、
代表の奧野奏さん(写真左)と、磨きを担当する店長の黒澤聖宏さん(写真右)にお話をお伺いしました。



Q(マイスター 以下:マ
). 現在の職業に就いた経緯、その内容について教えてください。

奥野さん

元々、外回りの営業をしていたのですが、その時に会社の同期から「靴を磨いたほうがいい」と言われ磨いた所、あまりの変化に感動。
そこから靴磨きにのめり込み、靴が綺麗になる感動を沢山の人に体験してほしいと思い、
YouTubeで発信した所、多くの方のご支持を頂き、現在は自分のお店を持つまでになりました。

黒澤さん

高校時代の友人の影響で革靴に興味を持ち始め、大学時代に本格紳士靴を初めて購入しました。
その後社会人になって靴磨きの重要さと楽しさに気付き、靴磨き職人を目指そうと思いました。
転職して靴関連の仕事をいくつか経験した後、奥野のTwitterから応募したのがきっかけでした。

Q(マ). お仕事の一番のやり甲斐、魅力について教えてください。

奧野さん

私の動画をきっかけに靴磨きを始めたと言って頂ける時です。
YouTubeなどの活動は自分が魅了された靴磨きを広めるために行っているので、
皆様のきっかけづくりができた時にやりがいを感じます。

黒澤さん

磨いた靴を見たお客様が喜んでいただける瞬間にやり甲斐を感じます。
今まで靴磨きを知らなかったという方もいらっしゃって、
そういう方に磨きながらレクチャーしたりすることで靴磨を始めて下さることも増えたこともやり甲斐につながっています。

マイスター

奥野さんの動画をきっかけに靴磨きを始めた方は非常に多いですよね。
黒澤さんの “磨いた靴を見たお客様が喜んでいただける瞬間” というのも、
店頭でお客様のお靴をお預かりする我々としてはとても良く分かる瞬間です。

Q(マ). 現在のお仕事をやるにあたり、ターニングポイントのようなものがあれば教えてください。

奥野さん

趣味の靴磨きをYouTubeで発信した時です。
私は社会人を辞めた後に吉本でコンビでお笑い芸人をしていたのですが、
その際に「コンビの名前をもっと世に広めたい!」と思って始めたのがYouTubeでした。
コンビはその後解散してしまいましたが、この道に進むターニングポイントになりました。

黒澤さん

前職を退職する際にAIエンジニアを目指して資格を取得していたのですが、
丁度そのタイミングに奥野のTwitterで募集がかかっており応募したことがきっかけで現在に至ります。
不採用だったらエンジニアになっていたと思います。

Q(マ). 毎日、毎週のように続けていることなどあれば教えてください。

奥野さん

動画撮影・動画編集です。YouTubeは私の仕事であり趣味であるので、毎日楽しく撮影をしております。

黒澤さん

毎日自重トレーニングをやっています。

Q(マ). 休日の過ごし方について、教えてください。

奥野さん

妻と子供と近くの大型スーパーに行ってます。
子供がまだ小さくなかなか遠出できない中、スーパーに行ってブラブラしたり、
フードコートでご飯を食べたりするのが癒やしになっています。

黒澤さん

ヴィンテージの靴や服が好きなので、高円寺の古着屋さんを巡ったりしています。
ネット購入だけでなく、自ら足を運ぶことで宝探しの様な感覚を味わうことも楽しみの一つになっています。

Q(マ). 好きな靴や革小物のブランド、思い入れのある一足などがあれば、教えてください。

奥野さん

Tricker’sのバートンです。
ネットで履き込まれたボロボロのバートンを見かけた時に
「なんてカッコいいんだ!こんな風に育てたい!」
と思い、悩みに悩んで次の週には購入してました。
ただ愛着があるため手をかけすぎて、ネットで見たようなボロボロには育たないのが悩みです。

黒澤さん

古い北米の靴が好きで、
特にお気に入りの1足は1950年代に製造されたFlorsheimのViking S-1385というモデルのものです。
赤レンガ色のシボ革と穴飾りが大きめでくっきりしているところがお気に入りです。

マイスター

どちらも長く、しっかりと履き込むことで更に味の出る素敵なお靴ですね。履き馴染んだ後の姿、ぜひ実物で拝見してみたいです。

Q(マ). 現在のマイブームなどがあれば、教えてください。

奥野さん

Netflixなどのサブスクのサービスで映画やドラマを見ることです。
現在Netfrix・Hulu・Amazon Prime Videoを契約しており、話題の作品を中心に見ています。現在はSweet Homeというホラードラマを見ています。ホラーは元々苦手だったのですが、妻が好きでよく見るので、ハマってしまいました。

黒澤さん

ゲームが好きなので、最近はPS5をやっています。

マイスター

Netflixは私も気になっています…。映画、ドラマやゲーム、どれもおうちで楽しめる素敵な趣味ですね。


インタビュー内容は以上となります。

靴好き、靴磨き好きの方にはもはやお馴染みの奥野さん。
ヴィンテージ靴、服、ゲームにエンジニアと、かなり幅広い趣味をお持ちの黒澤さん。
ご協力ありがとうございました。

そんな奥野さんが代表を務め、黒澤さんが磨きを担当するSHOEBOYSから、以下のメッセージをいただいております。

「SHOEBOYSでは
クリームの仕上げのBasic shoe shine(¥1,000/10min.)
鏡面磨きまで行うPremium shoe shine(¥2,000/30min.)
の2つの靴磨きのコースがございます。

またSHOEBOYSでは靴磨きだけではなく、革靴の販売もしており、
”最初の本物に出会える場所”をテーマに、
「革靴としてのクオリティ」と「購入しやすい価格(3万円台)」
を兼ね揃えた革靴のセレクトをしております。
お気に入りの革靴を一緒に育てていきましょう!」

とのメッセージもお預かりしております。
靴磨きに興味がある方、本格的な革靴を手に入れてみたい方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
店舗の詳細情報は下記よりチェックしていただけます。

次回もお楽しみに。

SHOEBOYS

〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-11-12
池袋ガーデンコート1F

TEL:03-6907-0126
Mail:info@shoeboys.jp
営業時間:12:00〜20:00 水曜定休
Instagram:@shoeboys.jp


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。