navi

【基本のシューケア】穴飾りにクリームを塗るポイントとは

こんにちは。大阪工房のしおりです。

今では当たり前でも、靴磨き・シューケアに携わるまでは疑問に思っていたことが多数あります。

今日はその頃を思い出し、疑問であったことをひとつ紹介します。

 

穴の中にも栄養が必要

このような穴飾り(メダリオン)のある靴。

クリームが穴に入ってしまっても大丈夫なのか。

実際店頭でお客様から、質問としていただくことも多いです。

先に答えを申し上げますが、安心してください。

実は何も問題ありません。

穴の中も革です。

革であれば、クリームによる栄養補給が必要です。

ただし、塗る際に気をつけるポイントがひとつだけあります。

 

 

ポイントはブラッシング

 

穴の中は、ブラシがやや届きにくいです。

そのためクリームも浸透しにくくなります。

ですが特別なことは、必要ありません。

 

変化をわかりやすくするため、クリームを多めに塗りブラシを当てました。

するとこうなります。

穴の中のクリームも浸透し、全体にツヤがでました。

ポイントは念入りにブラッシングすること。

「え、たったそれだけ?」

そう思うかもしれませんが、それだけです。

クリームが浸透しにくい箇所には、しっかりとブラシを当てる。

何事も基本が大切です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ルクアイーレ大阪8F イセタンメンズスタイル内

工房直通:06-4301-3933

 

Instagram:@osaka.shoecare

Twitter:@oosaka3

 

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。