navi

レザーソールが雨に濡れてしまったら。

こんにちは。銀座工房のナガオです。

今回のブログでは、レザーソール(革底)が雨で濡れてしまったときの対処法をご紹介いたします。

 

レザーソールも、靴本体も、水に濡れたまま放置すると、革が乾燥してコンディションが落ちてしまいます。

それは、もともと革に含まれていた油分が、乾燥時に水分と一緒に抜けてしまうからです。

しかし、革を十分に乾燥させないまま、あわてて保湿クリームを塗ってしまうのも良くありません。

濡れた革に摩擦や圧力を加えると、革が荒れやすくなるからです。

 

これらを踏まえたポイントは2つです。

1.「完全に乾燥させる」

2.「乾燥後は素早く保湿する」

 

ひとつずつご紹介します。

 

1.完全に乾燥させる

まずは、紐を靴から取り外します。

取り外し可能な構造であれば、中敷き(インソール)靴から取り出します。

 

靴は平置きしたままですと、ソールの大部分が床に接しているため、乾くスピードが遅くなってしまいます。

 

上の画像のように段差や壁に立てかけるように置くことで、空気が通りやすくなり、早く乾きます。

靴本体の内側には新聞紙、キッチンペーパーなどの、水を吸収しやすい紙を入れます。

(新聞紙はインクが色移りしないよう、白い紙で包んであげると良いです)

そして定期的に取り換えながら、水分を外に逃がします。

 

直射日光を避けて、風通しの良い場所に置いてください。

靴下が濡れるほどビショビショになっていなければ、2~3日間ほどで乾くはずです。

靴の内側に手を入れて湿った感触がなければ、OKです。

 

次は保湿です。

 

 

2.素早く保湿する

まずはレザーソールを保湿します。

 

こちらのブログ記事の手順に沿って、ソールに栄養を与えます。

 

ソールのケアが完了してから、靴本体を保湿します。

ソールのケアを行う際には靴本体を触ってしまうため、ソールの後に靴本体の保湿を行う順番がおすすめです。

 

 

こちらのブログで、ムラになりにくい磨き方を紹介しています。

 

おすすめの保湿クリームは、M.MOWBRAY PRESTIGIO リッチデリケートクリームです。

革に素早く浸透し、ムラやシミになりにくいクリームです。

 

 

・靴は平置きせず、立てかけて、完全に乾燥させる。

・乾燥させた靴は、そのまま履かずに保湿する。

革靴が雨に濡れてしまったときは、 この2点を思い出してください。

 

 

もし雨に濡れた靴を乾かして、

・白く汚れが浮いてきた

・革の表面がデコボコになった

などのお悩みがございましたら、ぜひ銀座工房にお持ちください。

7~10日間お預かりの靴のクリーニングメニュー(税込¥2,750~)で、綺麗にできる可能性がございます。

詳しくは、工房スタッフにご相談ください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。