navi

「1分出来る?!」革靴の簡単で最重要なお手入れ方法

こんにちは。銀座工房の塚田です。

 

皆さま、履いた靴をお手入れしていますか?

日頃のお手入れは、革靴にとっても重要です。

今回は、簡単にできるお手入れ方法をご紹介いたします。

 

毎日のケアに必要な物

 

 

 

 

シューズキーパー(サルトレカミSR100EX¥9,900)

馬毛のブラシ(SANOHATAブラシ馬毛¥5,280)

 

使用するアイテムはこの2点です。

 

このアイテムを使用するだけで、革靴の寿命が延びます。

本当です。

 

手順①シューズキーパーを入れる

まずは、シューズキーパーを入れましょう。

 

 

シューズキーパーを入れることによって、消臭や除菌、履きジワを伸ばしたり、型崩れ防止の効果があります。

 

履きジワを伸ばすことで、革切れの予防や清潔感のある見た目を保つことができます。

 

手順②馬毛ブラシで全体のホコリや汚れを落とす

次に、馬毛ブラシを使い、全体のホコリや汚れを落としていきます。

 

革靴を履いて外出した際には、必ずホコリや汚れが付着します。

靴についたホコリや汚れは、革の水分や油分を奪い、革の乾燥の原因となります。

(ホコリの付着でカビも生えやすくなります!)

革が乾燥すると、ひび割れの原因にもつながります。

それを防ぐために、履いた後、定期的なブラッシングを行うことがおすすめです。

 

 

 

片足15~20秒、両足で40秒程度。

コツは2つ。

1つ目は、細かくブラッシングするのではなく、ブラシ全体を使いながら大きくブラッシングする。

2つ目は、靴の隙間(コバとアッパーの隙間)には、ホコリや汚れが溜まりやすいので、しっかりと落とす。(下画像参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった1分の簡単なお手入れで、お気に入りの靴を長く、綺麗に履くことができます。

ちょっとしたひと手間と、定期的なメンテナンスで、

寿命も見た目も変わりますのでぜひ、お試しください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

★Instagramも更新中★   https://www.shoe-repair.net/category/blog/ginza/

Twitter:@ginzashoecare

Instagram:@ginzashoeshineshop

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。