navi

革や環境に優しい靴クリーム

こんにちは。横浜工房の眞山です。

靴に栄養与える靴クリームですが、革に優しく地球環境にも優しい靴クリームがあることをご存知ですか?


まずは基本的な話になりますが、「靴に栄養を与える」とは、どういうことかを解説していきます。

 

 

「靴に栄養を与える」ってどういうこと?

「靴に栄養を与えるとは?」  「靴と栄養の関係とは?」を解説します。

革に栄養を与えるというのは、クリームを塗布して油分を与え、保革効果と潤いを与えることです。

靴に栄養を与えることによって見た目も美しくなります。

しかし、靴を履いていると、汚れや乾燥により油分が抜けていきます。

さらに、そのまま放置しておくと、革が荒れて亀裂が入ったり、穴が開いたりしてしまいます。

一度ヒビ割れてしまった革は、二度と元には戻りません。

よって、靴に栄養を与えることは結果的に、靴の寿命を伸ばすことになります。

 

 

栄養ってなに?

革の栄養って何?と聞かれると、それは水と油とロウです。

人間のお肌と同じで潤いは水分です。

しかし、水分だけだとすぐに乾燥するので、それを防ぐために油分が必要です。

 

 

えっ?水と油は混ざらないよね?

水と油は混ざりませんが、界面活性剤を混ぜることにより水と油が混ざるようになります。

水と油が混ざった状態を「乳化」と呼びます。

乳化した液が、いわゆる「乳液」です。

靴クリームのラベルに「乳化性」と書かれている商品は、この乳液が原料となっています。

この乳液が革に浸透をして栄養となります。

 

〜界面活性剤とは〜

水と油を混ぜるために使われる成分です。

靴クリームの主要成分をまとめることに使われます。

 

 

乳液にロウは溶けない

そして靴クリームの場合は、さらにロウを混ぜます。

ロウは革に栄養と光沢を与え、革表面を保護する被膜(とまく)を作リます。

ただし乳液にロウは溶けませんので、ロウを溶かすために有機溶剤を使います。

 

〜有機溶剤とは〜

有機溶剤とはその名の通り溶剤です。

一般的にモノを溶かす性質を持つ有機化合物の総称です。

シューケアにおいては、とくに油性の汚れを溶かすものが中心となります。

 

 

靴クリームの3大栄養素

水分・油分・ロウ。

これが靴クリームの3大栄養素であり、基本です。

ただし、あくまで基本であって、最近は界面活性剤も有機溶剤も使わない物も販売されています。

界面活性剤や有機溶剤を使用していないクリームは、革に優しく、地球環境にも優しくなっています。

 

 

有機溶剤フリーの靴クリーム

M.MOWBRAY Prestigio クリームナチュラーレ ¥2,200(税込) 

・シダーオイル(シンヨウジュのオイル)

・パームオイル(アブラヤシのオイル)

・ビーズワックス(蜜ロウ)

・カルナバロウ(カルナバヤシのワックス)

等の天然油脂を主成分としています。

シダーオイルで皮革に柔らかさを与え、パームオイルで皮革の奥へ浸透させます。

さらに、ビーズワックスとカルナバロウがツヤと保革効果を与えます。

また有機溶剤を使っていないないので革に優しいのが特徴です。

 

 

いろいろな種類が存在する靴クリーム。

浸透力や保湿力や光沢などで、好みの靴クリームを選ぶのも、もちろんアリです。

しかし靴クリームに使用されている成分で選んでみるのもアリだと思います。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター 横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。