navi

007/6代目ジェームズ・ボンドが愛した靴

みなさま、こんにちは。FANS.新橋のイノウエです。

何度も公開延期になって待ち焦がれた「007/NO TIME TO DIE」を観てきました。ダニエル・クレイグ最後のボンド役なので、楽しみにしていた分、観終わってしまったあとのさびしい気持ちがぬぐえません。

さて、007の主役ジェームズ・ボンドといえばスーツを着こなす英国紳士の代表格。歴代ボンドもそれぞれのスーツや革靴の着こなしが話題になりますよね。

6代目ボンドのダニエル・クレイグは鍛え上げられた身体に細身のスーツが印象的。

エレガントなスタイルを支える足元は、英国靴を代表するChurch’s(チャーチ)やCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)です。ダニエル版の初期作品はチャーチ、スカイフォールからはクロケットを履いています。

クロケットの中でも着用シーンの多い外羽根ストレートチップの通称Norwich(ノリッジ)や、タキシードと合わせてホールカットのAlex(アレックス)など、記憶されている方もいらっしゃると思います。どちらもラバーソールで有名なダイナイトソールがです。

(↑1枚革のシルエットが美しいアレックス)

私が好きなコーディネートはスペクターでのブラックスーツにダブルモンクストラップブーツのキャンベリーです。日常や仕事でも履きやすいのはロウンズの方でしょうか。

(↑ビジネスシーンでも活躍するロウンズ)

ダイナイトソールはラバーソールの中でも薄いので、革靴のドレッシーな雰囲気を壊さずスマートな印象。靴底の返りも良く、アクションシーンでも安心です。イタリアやローマなどの石畳は革底だと滑るので、グリップ力の強いラバーソールを選ぶのは実用的ですね。

FANS.新橋ではダイナイトソールでのオールソール修理も承っています。

修理期間:2週間~

ドレスシューズのエレガントなイメージを損なわない薄いソール、高いグリップ力、走りやすい柔らかなソールの返り。雨の日でも履ける安心感を。

今作の「007/NO TIME TO DIE」で着用していた靴は、ぜひ劇場で確認してみて下さいね!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

FANS.新橋

〒105-0004
東京都港区新橋2-17-14
JR東日本 新橋駅構内 FANS.新橋

営業時間:平日 11:00~20:00 / 土日祝 11:00~19:00

電話番号:03-6228-5155

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。