navi

たった5分で誰でもできる!次のシーズンに備えるためのホワイトソールケア

こんにちは。大阪工房のしおりです。

気温がグンと下がり、朝晩は肌寒く感じる季節になりました。

ようやく本格的に衣替えができそうです。

 

この時期、当工房では夏物スニーカーのクリーニングを承ることが多いです。

今回のブログでは、夏物スニーカーに多く使用されるホワイトソール(白い靴底)のお手入れ方法を紹介します。

 

 

ホワイトソールはどうしても汚れやすい

こちらは、知人が夏場によく履いていたメッシュ仕様のスニーカーです。

この角度から見る限り、目立った汚れは見当たりません。

では、ソールはどうでしょうか。

 

表面と比べると、汚れが目立ちます。

ホワイトソールは、どうしてもこうした状態になりやすいです。

汚れが固着して対処できなくなる前に、落としてしまいましょう。

 

 

スニーカーシャンプーを使って汚れを落とす

M.MOWBRAY SPORTS スニーカーシャンプー ¥1,100(税込)

M.MOWBRAY SPORTS クイックブラシ ¥880(税込)

この2つのアイテムを使って、ホワイトソールの汚れを落とします。

スニーカーシャンプーは靴全体の汚れを落とし、臭いや菌を取り除く靴用の洗浄剤です。

今回は、その洗浄力を活かして、ホワイトソールの汚れを落とします。

 

またスニーカーシャンプーとクイックブラシ以外に、シャンプーを出すお皿と汚れを拭き取るための布を準備します。

シャンプーを出すお皿は、プラスチックやガラス製のものを使います。

靴クリームや化粧品の空き瓶や蓋、お菓子の空き容器などで問題ありません。

また布は、使い古した白いタオルやTシャツを使います。

※色付きの布は、ホワイトソールに布の色が移ってしまうことがあるため避けてください。

 

手順 1.

シャンプーを逆さまにして、お皿に1~2滴を出し、ブラシに付けます。

足りなくなったときは、1~2滴ずつ追加してください。

 

手順 2.

ブラシをソールの上でシャカシャカと動かして、泡を立てます。

泡立ちが悪ければ、ブラシに水を3~4滴ほどつけると泡が発生しやすくなります。

 

手順 3.

浮き出た汚れを、布で拭き取ります。

布に汚れが移り、洗浄できていることが確認できました。

布に汚れがつかなくなるまで、この作業を繰り返します。

どれだけ汚れているかにもよりますが、10分ほどで作業は完了するはずです。

 

 

ホワイトソールの汚れ落としは、衣替えの前に

【作業前】

 

【作業後】

いかがでしょうか。作業前に比べて、とても綺麗になりました。

これなら、来シーズンも気持ちよく履くことができそうです。

 

ホワイトソールの汚れをすっきり落とすには、汚れが固着する前に対処することが肝心です。

夏物の靴のなかにホワイトソールの靴がありましたら、汚れを落としてから、しまっていただければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ルクアイーレ大阪8F イセタンメンズスタイル内

工房直通:06-4301-3933

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。