navi

色によって変わるクリーニングのポイント~ネイビー編~

こんにちは、
日本橋工房の岡嶋です。


ここ最近、クリーニングのお持ち込みが増加しているブランドの1つが
ニューバランスです。

日頃から愛用しているお気に入りの一足が汚れてしまった、色褪せてきた。
下駄箱から眠っていた靴が出てきた。
などなど、
綺麗にしてまた履けるようにしたいとお持ち込み頂く事が非常に多いです。


様々な型番や色があるニューバランス、実は靴の色が変わるとクリーニング作業のポイントも変わってきます。
今回のブログでは前編、後編と分けて靴の色が変わることで
どの点を意識して作業しているのかをご紹介いたします。

前編で登場するのは、ネイビーです。

 

一見、ネイビーに見えないかもしれませんが
実はこの靴も元はネイビーなんです。

元の色を判断するのに参考になる記事も書いておりますので
是非、ご覧下さい。
【履いてたニューバランスが色褪せてる!?元の色はここを見て判断!】


ネイビーはお持ち込みが一番多い色でもあり、
皆さまが気にされているのは『色褪せです』。

元々の色が濃い分、汚れの付着は目立ちにくいのですが
いつの間にか上記の写真のように色褪せていることが多いです。


では、ネイビーのニューバランスの作業ポイントはなんなのか。
それは『補色』です。


FAMACO スエードダイムリキッド 税込1,100円

上記のスエード専用の補色剤を使用して
表面的にだけではなく、色を浸透させて補色を行っていきます。
色を入れ、乾燥させ、
また色を入れてと繰り返し時間を掛けながら仕上げます。
※事前の下処理として洗っていきますので、
 気になる汚れも可能な限り除去していきます。


先ほど色褪せていたネイビーを仕上げたのがこちらです。
ソールも張り替わっているため、ガラッと変わりましたね。

 

ネイビーを綺麗に仕上げるために重要な『補色』の工程、
マスキングをしたりと、細かい作業にはなりますが
ここまで綺麗になると作業している私たちも気持ちが良いです。

 

綺麗になるのか、
気になる靴がありましたらお気軽にご相談ください。

次回のブログでは、キャメルのニューバランスを例に作業のポイントをご紹介いたします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

三越日本橋本店 本館2F 紳士靴売場

メンズシューズケア&リペアカウンター

工房直通:03-6225-2078

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。