navi

革靴を履き下ろす前のお手入れ・プレメンテナンス

こんにちは。京都工房の西澤です。

 

革靴を購入された際、履き下ろす前に革用のクリームを塗っていますか?

新品の靴は何もしなくても良いと思われるかもしれませんが、履き下ろし前の靴にお手入れ(プレメンテナンス)にはメリットがあります。

プレメンテナンスを行うメリットは、主に2つです。

① 革が柔らかくなり、履き始めの足への馴染みが良くなる

② 革にかかる最初の負担を軽くできる

順番にご説明します。

 

 

① 革が柔らかくなり、履き始めの足への馴染みが良くなる

革靴を購入したとき、その革は乾燥している場合があります。

それは、革靴が作られてから購入されるまでの間に、長い時間が経過している可能性があるからです。

製造段階で仕上げにクリームが塗られているはずなのですが、時間の経過とともに、その油分や水分が抜けてしまっていては良くありません。

 

革は乾燥すると、柔軟性が失われて硬くなります。

柔軟性が落ちてしまった革は、足への馴染み方が悪いものです。

 

履き下ろし前の靴をお手入れし、クリームを塗っておけば、革の柔軟性を取り戻すことができます。

柔軟性のある革は、足馴染みが良く、履き始めのストレスを軽くしてくれます。

 

 

② 革にかかる最初の負担を軽くできる

革靴は、履く度に負担がかかっています。

そのなかでも、足の表面を覆っている革にかかる負担は、主に2つです。

・ 靴が曲がることによるもの

・ 表面の擦れによるもの

プレメンテナンスには、革にかかる最初の負担を軽減する効果があります。

 

靴が曲がることによる、革への負担

日本人の歩数は、現状では一日8,000歩前後と言われています。

革靴は、一日でその回数分曲がっていることになります。

革にかかる負担は、かなり大きいことが想像できますね。

 

革は繰り返し曲がる動きに耐える強度があるからこそ、靴に使われてきた素材です。

しかし、乾燥して柔軟性が失われた革は、その力を発揮できません。

十分に潤った状態の革であれば、曲がることによる負担は小さくて済みます。

 

表面の擦れによる、革への負担

靴は元々、人の足を保護するためのものです。

生活のなかで足を守っているからこそ、靴は一日で何度も擦れてしまうのです。

 

擦れることによって、革には傷がつきます。

そのとき、乾燥してしまった革よりも、油分を含んで潤った状態の革の方がダメージを抑えられる可能性があります。

革の表面に、靴クリームに含まれる油分やロウ分の膜が薄く張っているからです。

表面が軽く擦れたくらいであれば、ブラッシングや乾拭きだけでも回復しやすいのです。

 

 

履き下ろす前には、一呼吸置いて

新しい革靴を買うと、気持ちが高まり、すぐに履きたくなってしまいます。

しかし、ほんの少し気持ちを抑えて、履き下ろす前のお手入れをしてもらえればと思います。

 

京都伊勢丹紳士靴売場で靴をお買い上げいただいたお客様には、その靴へのプレメンテナンスを無料にて承っております。

また、ご自身の手でプレメンテナンスをしてみたいと思ったときは、ぜひ私にお声掛けください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。