navi

コードバンの正しい磨き方とは?

皆さまこんにちは。銀座工房はたのです。

本日は「コードバンの磨き方」について紹介したいと思います。
ネットで検索すると、いろいろな情報があり、
何が正しくて、何が正しくないのか、という事に悩んでしまうほどたくさんの情報があります。

正直にお話すると、靴磨きには「正解」は存在しません。
ミンクオイルをぬって仕上げる方もいれば、乳化性のクリームで仕上げる事が好きな方もいます。

しかし、革の種類に応じた正しいメンテナンスというものは存在します。
「革に適したケア方法」「使用用途に合わせた磨き方」というものが大切になります。
今回の「コードバンの磨き方」は「長く愛用するため」という点を踏まえながらSTEP順にご紹介したいと思います。

コードバンを正しいステップで磨く

STEP1
表面にキズや水シミができているか、
部分的な色あせや黒ずみがあるか等しっかり靴全体の状態を確認します。

 

STEP2
木製シューキーパーを靴に装着。
履きシワをしっかり伸ばすことで、付着した汚れなどが取りやすくなります。
また、シューキーパーが靴にしっかり合っている事を確認。
サイズが合っていないもので保管、手入れすると、仕上がりや靴の状態悪くなってしまう場合があるので出るので注意が必要です。シューキーパー装着後、馬毛のブラシでしっかりブラッシングし埃を落とします。

サルトレカミエSR300EX ¥10450(税込)

STEP3
ステインクレンジングウォーターを使用して、全体の汚れを除去します。
水分に弱いコードバンは「水性の汚れ落としを使用しない」という方法もありますが、薄く湿らせて使用する分には問題ありません。優しく表面を滑らせるように拭きあげます。
コードバンは強くこすると表面が荒れる場合がありるので注意ください。今回使用したステインクレンジングウォーターはオイル分が主体でソルベントフリー。しっとりさせながら汚れを除去してくれます。

M.MOWBRAY ステインクレンジングウォーター ¥1,100(税込)

M.MOWBRAY ステインクレンジングウォーターラージ ¥2,420(税込)

 

STEP4
艶だしクリームを塗布し整えます。
履きジワ部分の毛羽立ちは、塗布程度では潰れませんので、アビーステックを使用して毛羽立ちを寝かしつけます。
その後、馬毛ブラシでブラッシングします。色の薄いコードバンはクリームを塗布すると色が濃くなることがあります。その場合は、無職のクリームを使用するか、同色よりもワントーン薄いものがお勧めです。(油分入れで濃くなってしまうのはご了承ください)

作業しても、毛羽立ちが気になる場合は、クリームを少量取り毛羽立ち部分を同じ方法で寝かしつける作業を行います。
※毛羽立ちを潰そうと思って、過剰に強い力ですり潰すと色が濃くなったり、状態が悪くなる場合、キズになることがありますのでご注意ください。

おすすめのクリーム↓↓

ENGLISH GUILD Bees Rich Cream ¥2,200(税込)

レザーステック¥7,700(税込)

 

STEP5
最後にグローブクロスで拭き上げます。

 

以上が「長く愛用するため」の「コードバンケア方法」です。
もちろん、ここからワックスを使用してツヤを出すのも一つの「磨き方」です。

コードバンの種類によって注意が必要

薄い色のコードバンであれば無色のクリームのみを使用して磨く場合もあります。
また、今回は、ベーシックなコードバンケアの基本編をご紹介しました。
コードヴァンは変化の大きい革だけに、自分の好みに育てていく楽しみがあります。
その時に、こちらのケアの方法がご参考になればと思います。

 

おすすめの無色クリーム↓↓

M.MOWBRAY  PRESTIGE  クリームエッセンシャル ¥1,700+税

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

★Instagramも更新中★   https://www.shoe-repair.net/category/blog/ginza/

Twitter:@ginzashoecare

Instagram:@ginzashoeshineshop

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 
関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。