navi

靴を作る 第十四話

みなさまこんにちは。銀座工房の七海です。

「靴を作る」前回は、こちらをご覧ください↓

https://www.shoe-repair.net/blog/ginza/8929/

 

踵 積み上げ作業へ

鉢巻き+革2枚+トップピースと積んでいきます。

木型が、踵部分包むようカーブして作られており、

本底は、ヘリにむかって⤵落ちています。

 

そこで、鉢巻きを作製して平らな革が積み上げられるようにしていきます。

ウエルトで使用し、残った革を再利用

段差ないよう漉いておきます。

漉き作業はガラス板の上で↓

両足分(2本)準備します。

 

作製した鉢巻きを水につけ、トンカチでたたき

踵部分のカーブに合わせていくのですが、画像撮り忘れました。

肝心のお見せしたい画像がなく、わかりずらいですが、

鉢巻きを踵の形状に合わせ、釘で打ち留めていきます。

この後、積み上げ革を取り付けていくので、ある程度平らになるようにする行程です。

 

積み上げ革を積んでいきます。

 

積み上げ1段目

積み上げ用革をカカトより少し大きめにカット

銀つき革なので、水につけ銀面をガラス片で削ります。

革をよく水で濡らしてから

のりを付けハンマーでよく叩き密着させます。

釘を三角形に打ち込み

ある程度のところまで平行になるようバランスをとっていきます。

画像の様に、実際にこれから積み上げる革、トップピースにのせて様子を見ながら作業します。


積み上げ2段目

2枚目も1段目同様、積んでいきます。

革を水につけ銀面をガラスで落とした後のりで接着

釘止めします

1段目、2段目釘打ち箇所が重ならないように

三角形が逆になるように打ち込みます(画像上部:1段目、下部:2段目)

そして、水平になるよう再度調整

ここで、無理に接着してもヒールが水平でないと靴がぐらつきます。

この後、トップピースを取り付けるため必ず水平になるように仕上げます。

 

トップピースを取り付け前に

画像のように釘を外周に沿って5本打ち込んで固定します。

 

トップピースの取りつけ

トップピース、ゴムと革の割合、

私は、ゴムが多めになるように設定、型紙を作り、

左右、革とゴムのバランスが同じになるようにします。

カカトよりやや大きめにカット、あごのラインはきれいに調整し

のりを塗り、しっかりハンマーで打ちつけます。

両足ともに取り付けたところで

積み上げ作業完了です。

 

次回、ソールを仕上げていきます。

https://www.shoe-repair.net/blog/ginza/9531/

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

★Instagramも更新中★   https://www.shoe-repair.net/category/blog/ginza/

Twitter:@ginzashoecare

Instagram:@ginzashoeshineshop

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。