navi

今だから知りたい!ベーシックな革靴のお手入れ方法を紹介

こんにちは。銀座工房の上家です。

今年も残すところ一日となりました。

今年の一年はいかがでしたか?やり残している事ありませんか?

私も、来年に持ち越さずに本年度中に終えたいところです!

 

さて、本日は、革靴のお手入れ方法を紹介したいと思います。

では、作業手順で紹介します。

 

【ホコリ落とし】

靴のお手入れの第一歩、外せない工程です。

①靴紐を外し、羽根の下にホコリがないか細かくチェック。

②靴にシューツリーを入れシワを伸ばし、靴に張りを出しお手入れをしやすくします。

 

 

③ブラシをかけホコリを落とします。使うブラシは毛先が細い馬毛がベストです。

 

 

【汚れ落とし】

革に入り込んだクリームやワックスを落とし通気性を出す大切な作業です。

①指に布地を巻いて、水性の汚れ落とし剤を布地に付けて汚れやクリームを拭き取ります。

 

 

その時に使う水性クリーナーはこちら

 

 

M.MOWBRAY ステインリムーバー ¥2,200(税込)

 

【栄養補給】

乳化性クリームで皮革に栄養や潤いを与え、柔軟性や耐久性も高まる最も重要な作業です。

 

①ブラシでクリームを取ります。目安は米粒2~3粒程度。(片足)

 その時に使うブラシはこちら

 

 

 ペネトレイトブラシ ¥440(税込)

 

②靴のカカト部分からクリームを塗り、靴全体に均一に広げていきます。

③コバの部分やメダリオン(飾り穴)の中までクリームがいきわたるようにしましょう。

 その時に使うお勧めのクリームはこちら

 

 

M.MOWBRAY シュークリームジャー ¥990(税込)

 

【ブラッシング】

クリーム全体をなじませます。豚毛などコシのある硬めのブラシで磨く作業です。

①クリームを塗ったら靴全体に均一にスピーディーに磨いてください。

 

 

 時間を空けるとクリームが乾燥してツヤが出なくなることがあります。

②ブラシのかけ方は、靴全体にクリームがいきわたるように大きく動かすように

 ブラッシングをしてください。

 その時に使うお勧めの豚毛のブラシはこちら

 

 

SANOHATAブラシ 豚毛 ¥4,950(税込)

 

【仕上げ作業】

靴のお手入れの最終段階。表面を均一に通気性を保つほか、ホコリや汚れも付きにくくする作業です。

①余分なクリームを取り除き表面が滑らかになるまで行ってください。

 

 

 その時に使うアイテムはこちら

 

 

 M.MOWBRAY グローブクロス ¥550(税込)

②最後に撥水スプレーをかけてください。

 防水効果だけでなく、汚れも付きにくくなります。スプレーをかけたら30分以上

 乾燥させてください。

 その時に使うスプレーはこちら

 

 

 M.MOWBRAY プロテクターアルファ ¥1,650(税込)

まだ靴のお手入れをしてない方は参考にしてください。

やっぱり靴は綺麗な方が良いですね。

今年中に靴も綺麗にして、新年を迎えてください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。