navi

 希少なオイル? おすすめのクリームに含まれるアルガンオイルとは!?

こんにちは。銀座工房のナガオです。

 

仕事でもプライベートでも、

いただきもののパンツを最近よく履いてます。

フランス軍の名作カーゴパンツ、「M‐47」を

黒染めしてもらい、この前手元に届きました。

サイズは少しだけ大きめの22、後期型。

裾を絞ってクリーンミリタリーにも、

スニーカーにブカッと被せてストリート風にも、

なんにでも合わせやすい雰囲気を気に入っています。

今の気分は、画像のデニムジャケットを合わせます。

東大寺の扉みたいなリベットデザイン、

何にでも合わせやすい丈感がいい感じです。

 

 

 

さて、M−47と同じくフランス製の名作として、

おすすめの靴クリームがございます。

それは、

以前よりブログにちょくちょく登場している、

FAMACOサブライムレザークリーム

こちらのクリームは、抗酸化作用のある

アルガンオイルを配合していることが

特徴の一つとして挙げられます。

 

では、この「アルガンオイル」とは

どのようなものなのでしょうか?

詳しくは知らなかったので、調べてみました。

 

アルガンオイルとは?

アルガンオイルとは

モロッコ南西部にしか生育しない広葉常緑樹

アルガンツリーの実の中の、種の核から作られます。

約30kgの実から1ℓ程度しか採取できず、

さらに抽出にも大変な手間がかかる

希少なオイルです。

 

美容成分がとても多く含まれているため

アンチエイジング、乾燥肌対策など

ヒトのスキンケア製品にも用いられています。

皮脂の成分に非常によく似ているため

浸透力、保湿力が高いです。

 

オリーブオイルの2〜3倍多く含まれている

トコフェロール(ビタミンE)は

高い抗酸化作用を持ち、

日光や紫外線による劣化を軽減してくれます。

 

また、アルガンオイルの約50%を占めているオレイン酸は

保湿効果が高く、しっとりとした仕上がりに。

繊維を柔らかく保ってくれるリノール酸も含まれています。

調べていて、

自分が使うスキンケア、化粧品として

アルガンオイルを含んでいる商品が欲しくなってきました。

 

 

アルガンオイル以外にも…?

いいことづくめのアルガンオイルに加え、

さらに2種類、希少な天然成分である

ビーズワックス、カルナバワックスも

ふんだんに使用しています。

 

ビーズワックス(蜜蝋)は

繊維を柔らかく、なめらかにする成分が含まれており、

外部の刺激や乾燥から皮革の表面を保護してくれます。

 

カルナバワックスは

空気に触れると硬化し、薄い膜となるため

皮革表面の保護、特にツヤ出しに最適です。

 

 

 

サブライムレザークリームは

上記の成分がバランスよく配合されているため

しっとり浸透しつつ、程よいツヤを演出してくれます。

 

靴そのものを主役に据えた、主張しすぎない仕上がりを。

ぜひ、お気に入りの革靴でお楽しみください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 5F

工房直通:03-3535-9637

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。