navi

あまり聞きなれない“ダブテイル”って何?

こんにちは。横浜工房の眞山です。

靴のヒール部分のパーツを交換しようと修理屋さんに行ったら、部材がたくさんあって

驚いたことありませんか?

ヒールのトップリフトに付くパーツは様々存在します。

今回はレザー素材とゴム素材から形成されている、このクサビ型のパーツについて

解説していきます。

 

 

●クサビ型パーツの名称

このクサビ型のパーツは「ダブテイル(Dovetail)」という名称で呼ばれることが多いです。

ちょうど、鳩(Dove)のシッポのような形状なのでこのような呼び方をすると

聞いたことがあります。

 

 

●なぜクサビ型?

レザー部分の凹とラバー部分の凸が、ピッタリと合うようにはめ合わせることにより、

ポロッと外れてしまうことを最小限に防ぐ効果があります。

 

 

●ダブテイルはイギリス靴に多い?

一般的には、イギリス・アメリカ靴には「ダブテイル」。

イタリア・スペイン靴には「ラスター」が使用されているケースが多いように感じます。

あと、イギリス靴は化粧釘が多め。イタリア靴は少なめ。のイメージです。

 

 

靴メーカーの元の仕様に合わせて、トップリフト交換する方が多いと思いますが、

修理を依頼するタイミングで、好みのものに交換してもらうのも面白いかもしれませんよ。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター 横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

  SNSアカウント  
 
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ
 

「シューケアマイスター」は(株)R&Dの登録商標です。

記載の情報(商品仕様、価格、デザイン等)は記事作成時の情報です。
予告なく変更する場合がございますので、予めご了承くださいませ。