navi

バケッタ風レザーのお手入れ

こんにちは。横浜工房の中島です。

今日は珍しい素材のバケッタ風レザーの靴のお手入れ紹介をしたいと思います。

バケッタレザーとはイタリアで何世紀も受け継がれている独自製法、「バケッタ製法」で作られている革を指します。

しかし、今回ご紹介する靴はバケッタ製法で作られているかは定かではないので、バケッタ風レザーと呼びたいと思います。

昨今ではスエードのような起毛素材をオイルで潰している素材をオイルバケッタと呼ぶことが多いように感じます。

オイルの抜け(乾燥)が進むと元の起毛感がところどころ出てきたり、色味にムラが出てきます。

これはこれで味が出て良いのですが、乾燥しすぎてしまうとひび割れなどの不安もでてきます。
乾燥しすぎる前に油分補給を行って参ります。

ENGLISH GUILD【イングリッシュギルド】ビーズリッチクリーム ¥2,200(税込)

まずはこちらを塗っていきます。

布などで塗るよりもペネトレィトブラシを使用した方が毛の奥までしっかり塗り込めます。

右足が塗布後です。
しっとりとして色味も入れたので黒さが際立ちます。
これで完了しても良いのですが、油分をさらに逃げにくくするために、もうひとつクリームを塗りたいと思います。

M.MOWBRAY プレステージ ビーズエイジングオイル ¥1,650(税込)

天然のミツロウを主成分とするこのオイルを最後に薄く全体に塗って完了させます。
オイルで蓋をするイメージですね。

名前はオイルですが、仕上がりは比較的サラッとしているのでベタついた仕上がりにはなりません。

これで完成です。

もしお手持ちの靴で革の雰囲気が近いものがあれば、この方法でお試しください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター 横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

 


「シューケアマイスター」は(株)R&Dの登録商標です。

記載の情報(商品仕様、価格、デザイン等)は記事作成時の情報です。
予告なく変更する場合がございますので、予めご了承くださいませ。