navi

靴の夏じまい“来年のためのグルカサンダルの保管方法”

こんにちは。横浜工房の眞山です。

まだ暑い日が続き、サンダルの出番が多い日が続きますが、あと数日もすれば

サンダルのシーズンも徐々に収束を迎えてきます。

そこで、やっておきたいのがサンダルのメンテナンスではないでしょうか。

サンダルは素足で履くこともあり、靴下を履いて使用する革靴やスニーカーに比べると、

汗や汚れが付着しやすいです。

「靴箱にしまい、次の夏までそのまま…」

そんなことはせずに、シーズンオフの物はメンテナンスを行ってから、ぜひ保管してください。

 

 

~本革サンダルのお手入れ 簡単3ステップ~

【用意するもの】

①ホコリ落とし用のブラシ SANOHATAブラシ馬毛 ¥5,280

②ツヤ出し用のブラシ (SANOHATAブラシ豚毛 ¥4,950)

③靴クリーム専用ブラシ(ペネトレィトブラシ ¥440)

④ウエス (リムーバークロス ¥440

⑤クリーナー (ステインリムーバー ¥660〜)

⑥靴クリーム(M.MOWBRAYプレステージ クリームナチュラーレ ¥2,200)

⑦グローブクロス(M.MOWBRAY シルキーレザーグローブ ¥3,300)

 

 

STEP1.  ブラシを使ってホコリを落とす

毛の柔らかい“馬毛ブラシ”でホコリや汚れを落としていきます。

 

 

STEP2.  クリーナーで汚れをきれいに

ウエスにクリーナーを500円玉大ほど取り、革の表面を軽く撫でるように拭き取ります。

この時、強い力で押し付けると表面の加工が剥がれることもあるので注意が必要です。

 

 

STEP3.  ブラシで靴クリームを塗り込む

靴クリームの1回分の取る量は、米粒3粒くらいの少ない量です。

靴クリームをペネトレィトブラシに取り、数回に分けて全体的に馴染ませます。

今回は無色(ニュートラル)の靴クリームを使いました。

 

 

靴クリームを全体的に伸ばしたら、毛の硬い“豚毛ブラシ”でさらに塗り込みます。

手早く動かしながら力強く刷り込むと、革の中にクリームが浸透していきます。

(革の色が剥げてしまったら、色が付いているタイプの靴クリームを選ぶと、

ある程度補色ができます。)

 

最後に革に浸透しきれなかった、不要なクリームをグローブクロスを使って取り除き、完成です。

 

 

 

サンダルのお手入れには、「来年の夏まで」の保管も入ります。

割と長く靴箱にしまうので、大敵は「湿気」です。

湿気が多い日本ではサンダルや靴にカビが生えてしまうこともあります。

お手入れ後は、袋や箱に入れずに保管します。

その時、除湿効果のある物と一緒に保管するとさらに◎。

少なくても月に1〜2回は、靴箱の扉を開けっ放しにする日を作って、

通気性をよくするといいと思います。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター 横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

 

 

 

 


「シューケアマイスター」は(株)R&Dの登録商標です。

記載の情報(商品仕様、価格、デザイン等)は記事作成時の情報です。
予告なく変更する場合がございますので、予めご了承くださいませ。