navi

長さがズレた靴ひもを1発で揃える方法~シングル編~

こんにちは

日本橋工房 シンジョウです。

ウサギは定期的にブラッシングが必要で、我が家のウサギも初ブラッシングをおこないました。

ブラシをかける為には抱き上げないといけないのですが、これがメチャクチャ嫌がるわけです。

試行錯誤して抱き抱える事が出来ても腕の中で大暴れ。

ブラッシングするだけで40分近くかかってしまいました。

我が家に迎え入れて約1ヶ月まだまだウサギに心を許して貰えていないようです。

 

さて

 

『靴を脱ぎ履きしているうちに紐の長さがズレて元に戻すのがめんどくさい。』

皆さんそんなことありませんか?

長い方をちょびちょびずらして整ったと思ったら、伸ばし過ぎて逆が短くなってしまう。

また長い方を少しずらす。

そんな事を何回も何回も繰り返して左右の長さを整えるわけですが、意外とストレスですよね。

もし、1発で左右の長さを整える事が出来るとしたらかなりストレスが解消されると思いませんか?

今回は、靴紐の長さを1発で揃える方法をご紹介します。

 

【シングル編】

靴の脱ぎ履きを繰り返していくと画像のように靴紐の左右の長さがズレてきてしまいます。

この場合右側が長くなっていますね。

これを直すには長い方を少しづつ引いていくのですが、この引き加減が難しくなかなか1発で合わせる事が出来ません。

しかし、ポイントを抑えて調整するだけで1発でそれ得ることができます。

 

ポイント① どこを引けばどこが動くかを把握する。

1番下と左に飛び出た紐が繋がっている。

1番上と右側に飛び出た紐が繋がっている。

シングルで紐が通っている場合は、1番上と1番下を引く事で左右の紐を調整する事が出来ます。

なので左右の紐の長さを均一にする際は、1番上と1番下のたるみの長さを合わせる事で最後に紐をぎゅっと引いた際左右の長さが同じになるわけです。

1番上と1番下のたるみが同じ長さになっている状態。

この状態を目指します。

ポイント②仮で紐の長さを合わせる

まず、たるみは気にせずに左右の紐の長さを合わせます。

今回の場合右側が長くなっていたので、右側と繋がっている1番上の紐を引っ張り長さを合わせます。

ポイント③たるみを2等分する。

最終的に1番上と1番下のたるみの長さを同じにしたいのですが今は上にしかたるみがない状態です。

上から2つ目を引き、1番上と2番目のたるみの長さをわせます。

1番上と2番目のたるみの長さを合せた状態

④たるみを1番下まで移動させる

上から3段目

1番下

これで1番上と1番下のたるみの大きさを同じにすることができました。

最後は左右の紐を引っ張ると、長さが同じになります。

何度か実際にやってみるとすぐに出来るようになるので紐の長さがズレた際はお試しください。

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

————————————————
【メンズシューズケア&リペアカウンター】
〒103-8001
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館2階 紳士靴売場
住所/館名/フロア/売り場

TEL:03-6225-2078
Instagram:@shoeshinebar_nihonbashi
Twitter:@nihonbashishoe

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。