navi

もう迷わない!シューズキーパー選び【Paraboot(パラブーツ) ミカエル編】




こんにちは

横浜工房 シンジョウです。

先週、衣替えをすませました。

今年は手持ちのTシャツすべてに出番を与えようと思っていたのですが、思っていた以上に出てきてタンスに入れることができませんでした。

夏本番前に、少し選別が必要です。

 

さて

 

今回は、男女問わず人気のパラブーツ。

その中でも人気の高い、ミカエルにピッタリのシューズキーパー(シュートリー)をご紹介します。

選ぶのは、サルトレカミエSR300EX ¥10450(税込)

家具などにも用いられるブナ材を使用したシューズキーパー、丈夫できれいな木材です。

【300EXの特徴】

ネジ式シューズキーパー

シューズキーパーの中には大きく分けてバネ式とネジ式があります。
ネジ式の物は、「ネジで微妙なサイズ調整が可能。」「一度サイズ調整すると必要以上のテンションをかけずに形をキープすることができる。」といったメリットがあるので、キーパーのフィッティングが難しい靴やアンライニングの柔らかい靴にピッタリです。

気になるフィット感を見ていきましょう。

まずは気になる甲の部分。
シューズキーパーを合わせる際に1番大事なポイントです。
ミカエルの場合、靴の独特の形状から甲がピッタリ合う物を探すのが難しいのですが、SR300EXならかなりピッタリ合わせることができます。
※履き込み具合や個体差によりフィッティングは変わります

次に横幅。
甲に次いで、歩行時の屈曲によりシワが入りクラックを起こしやすい部分です。
ボリュームのあるパラブーツに合わせてもしっかりとテンションを掛けることができています。

最後に履き口。
甲や、横幅に目が行きがちですが、実はキーパーフィッティングのポイントの中では                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          かなり大切なポイントです。
靴を履いていると履き口が広がります。そうなると、カカトが抜けやすくなってしまうのでシューズキーパーで細長く固定することで履き心地をキープすることができます。

上記3点を中心にフィッティングしたサイズの対応表がこちら

靴サイズ キーパー種類 キーパーサイズ
38 300EX 39
38.5 300EX 39+
39 300EX 40
39.5 300EX 40+
40 300EX 41
40.5 300EX 41+
41 300EX 42
41.5 300EX 42+
42 300EX 43
42.5 300EX 43+
43 300EX 44

※キーパーサイズの+表記はネジを少し調整した状態の事です。

靴に合ったシューズキーパーを入れて、お気に入りの靴を長く履いてください。

横浜工房には、シューケアマイスターが常駐していますのでキーパーのフィッティングにお困りの方はお気軽にご相談ください。
ご相談時は、実際のお靴を片足だけでもお持ちいただけるとスムーズにご案内させて頂けます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケア&リペア工房 横浜高島屋

横浜高島屋 6F 紳士靴売場

 

工房直通:045-620-9595

Instagram:@yokohama.shoecare

Twitter: @Yokohamacare

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。