navi

あきらめて捨てる前に ニューバランスのヒールカウンター交換

横浜工房の眞山です。

昔スニーカーの販売に携わっていた時に、ニューバランスを担当していたこともあり、
その頃からニューバランスが好きです。

飽きがこないデザインや他のメーカーには無い履き心地に心を奪われ、色々なモデルを履いてきました。

その頃は『スニーカーを修理して履く』という発想がなく、ソールがすり減って壊れてしまったら捨てて、
また新しい物を購入するということを繰り返していました。

今思うと、廃盤になってしまったモデルも多数所有していたので、もったいないことをしてしまったと後悔をしています。

当店ではニューバランスのクリーニングや修理のご相談を多くいただきます。

本日は、珍しいヒールカウンター交換の作業風景をご紹介させていただきます。

ヒールカウンターは樹脂製の物が多く、加水分解して割れてしまうケースがほとんどです。

同じような樹脂製の素材での修理はできませんが、本革で代用して行う修理は、

味があって個性的でかっこ良かったりします。

では始めましょう。

古いヒールカウンターを取り除くと接着剤の跡が残っているので、その古い接着剤を取り除いてから

元のヒールカウンターの形に合わせた本革を固定します。

 

 

状態によってはミッドソールやアウトソールの交換も必要になりますが、

今回はミッドソールもアウトソールもまだ生きていたのでオリジナルのソールを再利用しました。

 

この1カ所の修理を行っただけで、なんだか生まれ変わった感じがしませんか?

アウトソールやミッドソールの状態によっては行えない場合もございますが、捨ててしまう前にまずはお気軽にご相談を。

ヒールカウンター作成 要見積もり ¥8800(税込)~
※修理の方法上、ソール接着も込みの料金案内になります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケア&リペア工房 横浜高島屋

横浜高島屋 6F 紳士靴売場

 

工房直通:045-620-9595

Instagram:@yokohama.shoecare

Twitter: @Yokohamacare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。