navi

ハイシャインワックス【応用編】~プライマーとの組み合わせ~

こんにちは。 横浜工房シンジョウです。

 

先週から「製造背景」「使い方」「比較」と3回にわたり紹介してきました。

今回はM.MOWBRAYハイシャインワックス応用編。

M.MOWBRAYハイシャインプライマーと併用した際のご紹介です。

 

使用アイテム

・M.MOWBRAY ハイシャインワックス ¥990(税込)

M.MOWBRAY ハイシャインプライマー ¥2,750(税込)

・M.MOWBRAY ポリッシングコットン  ¥440(税込)

 

【ベース作り】

ハイシャインプライマーとハイシャインワックス2種類のワックスを使って

ベースをつくります。

 

  • ハイシャインプライマーを1層塗る

 

ハイシャインプライマーはハイシャインをおこなう際に重要なベース作りに特化したワックスです。

毛穴を埋める能力が非常に高いので短時間でベースを作ることができます。

 

  • ハイシャインワックスを1層重ねる

 

違う種類のワックスを上から重ねることで、ハイシャインプライマーだけでは埋まりきらなかったところを埋めてベースを均一にします。

 

定着力の良いワックスの2種類を組み合わせる事で、薄い層でも安定したベースを作ることが可能になりました。

 

【磨き上げ】

水とワックスを使い、磨き上げていきます。

 

 

1、ポリッシングコットン(布)を指に巻いて、コットンに水を含ませたらワックスを取ります。

  • ベースに水を1滴たらして滑らせながら円を描くように磨き上げていきます。

 

ポリッシングコットンでワックスを1回塗布し、磨き上げるだけでもここまで光らせることができます。

ベース作りから見ると、ワックスを重ねたのは3回のみ。

 

これだけ短時間で光らせられるのは、
「ハイシャインプライマー」と「ハイシャインワックス」
2つの ” 定着力が良く光らせやすいワックス ” を組み合わせたからこそ、実現できたことです。

 

これで仕上げても十分ですが、
もっと光らせたい方は、さらに1~2層ワックスを重ねることで光沢が増します。

 

【仕上げ】

最後はポリッシングコットンを綺麗な面に変え、
少量のワックスと水で、鏡面に付いた拭きムラを消したら完成です。

 

 

 

※ワックスや水の量等の詳しい説明は「HOW TOハイシャインワックス」の記事で紹介していますのでこちらをご覧ください。

 

ハイシャインプライマーとハイシャインワックスを使いこなして、
プロのスピードと仕上がりを体感してみてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケア&リペア工房 横浜高島屋

横浜高島屋 6F 紳士靴売場

 

工房直通:045-620-9595

Instagram:@yokohama.shoecare

Twitter: @Yokohamacare

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。