navi

靴の中の意外な落とし穴

こんにちは。横浜工房の神谷です。

本日は靴の内側の修理のご紹介です。

日々、ご依頼いただく修理はほとんどがソール周りですが、実は靴の中も傷んでいたりするのです。

サイズが大きかったり、靴の中で足が動いてしまう場合は摩擦が大きくなり傷みやすくなってしまいます。

その箇所というのはズバリ小指部分なのです。(親指部分も多い)

写真だと中々撮るのが難しく、見えずらくなってしまいました。

靴の断面のサンプルがありますのでこちらで紹介します。

ちょうどこの辺りに穴が空いてしまうことが多いです。

このまま履き続けてしまうと、アッパーと言われる外の革まで貫通してしまい、修理が困難になる可能性があるので注意が必要です。

そんな時に活躍してくれるのが「革パッチ」という修理メニューです。

読んで字のごとく、革を穴覆うように加工してパッチのように上から貼る修理です。

傷口に絆創膏を貼るようなイメージが分かりやすいかもしれません。

この革パッチを貼る事で穴の進行を防ぐ役割をしてくれます。

このように加工した革を穴に合わせて作ります。

裏面を見ると外側が薄くなっています。これは革包丁で限りなく薄く漉(す)いて足あたりをよくするためです。

薄くする事で、貼ったパッチとの段差を滑らかにして、足を入れた時の違和感が出ないようにしてあります。

ソールやアッパーだけでなく、靴の中も靴を磨く時にチェックしてみてください。

意外な落とし穴…ですよ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 高島屋横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。