navi

お手入れはアッパーだけじゃない!?レザーソールのケア

 

こんにちは。横浜工房の神谷です。

 

本日は革底のお手入れについてご紹介します。

歩くたびに「コツコツ」と音がなるレザーソール。紳士靴として古くから親しまれており、長年の愛用者が多い靴底です。

屈曲性、通気性があり弾力性も強いので、履き込むほどに自分の足の形状になじんでいくのが特徴ですが、デメリットもあります。

それは、ラバーソールにくらべて摩耗(まもう)しやすいという点です。

つま先が削れて縫い糸が切れてしまったり、ソールの真ん中に穴が空いてしまったりと、どんなに高品質な鞣し方をされていたとしても、決してラバーソールには敵うことはありません。

ですが、そんなレザーソールにも強い味方がいます。それがソールモイスチャーライザーです。

革底に栄養、柔軟性を与えて耐久性が向上するというアイテムです。

それではさっそく使い方の紹介です。

 

【1 .汚れ落とし】

M.MOWBRAY ポンプ式ステインリムーバー ¥3,850(税込)

 

まずは、靴底についた汚れをしっかり落とします。

泥や汚れがひどい場合は水拭きでも大丈夫です。

 

【2.栄養補給】

M.MOWBRAY ソールモイスチャーライザー135 ¥1,650(税込)

 

革底用のソールモイスチャーライザーをペネトレィトブラシに取り、全体に伸ばして馴染ませていきます。

ラノリン配合で柔軟効果を与え、靴の返りを良くし、歩きやすさが向上します。

また、使用することで革底の擦り減りを抑え、耐久性がアップします。

 

【3. 仕上げ】

アビィレザースティック ¥9,900(税込)

レザースティックに柔らかい布を巻き付け革底を潰しながら押し込んでいきます。

光沢が出てきたら乾燥させます。

 

向かって左側がビフォー、右側がアフターです。

しっかりと革の目が詰まって締まっているのが見て分かるかと思います。

アッパーのお手入れだけでなくソールにも注目してケアをしてみてください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 高島屋横浜店

〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1丁目6-13 横浜高島屋 6F 紳士靴売場

工房直通:045-620-9595

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。