navi

今さら聞けない“靴磨きの手順”

こんにちは。横浜工房の眞山です。

隣に住んでいる小学生の男の子の「ママー!!!」という、母親を探す叫び声で毎朝目を覚ますのが、最近の私のルーティーンです。

ルーティーンや習慣、やり方は人それぞれ違いますよね。

シューケアにも色々なやり方があり、「これが正解!」というものが存在しないので、悩んでしまうこともあります。

本日はR&Dが推奨しているスムースレザーのシューケアの手順をお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

【使用するシューケアグッズ】

①紗乃織 SANOHATAブラシ(馬毛) ¥5,280

②M.MOWBRA リムーバークロス ¥440

③M.MOWBRAY ステインリムーバー300  ¥2,200

④English Guild ビーズリッチクリーム ¥2,200

⑤M.MOWBRAY ペネトレィトブラシ ¥440

⑥紗乃織 SANOHATAブラシ(豚毛) ¥4,950 

⑦M.MOWBRAY シルキーレザーグローブ ¥3,080

⑧サルトレカミエ SR100EX ¥9,900

 

 

 

【①靴ヒモを外す】

靴ヒモを外さず磨くこともできますが、外さずに行うとクリームが靴ヒモに移ってしまいます。

またシュータン裏(靴ヒモを通す穴の下)部分はホコリが溜まりやすい場所です。

 

 

 

【②シューズキーパーを入れる】

⑧のシューズキーパーを入れます。

シューズキーパーを入れることによって、履きジワをしっかり伸ばすことができるので細部まで磨けます。

 

 

 

【③ホコリを取る】

①の馬毛ブラシでアッパー(表革)全体をブラッシングします。

 

 

 

【④汚れを取る】

②のクロス(布)を指に巻き、③の水性タイプの汚れ落としをクロスに染み込ませ、手のひらなどで馴染ませます。

表面を軽くなでるように拭いていきます。

 

 

 

 

 

【⑤クリームを塗る】

⑤のペネトィイトブラシに乳化性クリームを米粒2〜3粒程度、取ります。

 

④のクリームをカカトの内側からアッパー全体に塗り広げていき、コバ(側面)にもクリームを塗り込んでいきます。

 

 

 

 

【⑥ツヤ出し】

クリームが乾かないうちに、⑥の豚毛ブラシでアッパー全体をしっかりとブラッシングします。

クリームを均一に塗り広げることで、光沢が出ます。

 

 

 

 

【⑦から拭き】

クリームが多く残っているとホコリが付着しやすく、輝きが鈍くなるため、⑦のグローブクロスでさらに磨き込みます。

 

 

 

 

【おしまい】

靴紐を通し直して完了です。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 




——————————————
【M.MOWBRAY 公式YouTube】 

——————————————
【M.MOWBRAY 公式Instagram】 

——————————————
【M.MOWBRAY 公式オンラインストア 】

——————————————

シューケア&リペア工房 横浜高島屋

横浜高島屋 6F 紳士靴売場

 

工房直通:045-620-9595☎

Instagram:@yokohama.shoecare

Twitter: @Yokohamacare

 

【M.MOWBRAY 公式YouTube】

【M.MOWBRAY 公式Instagram】

【M.MOWBRAY 公式オンラインストア】

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。