navi

ブラシで落とせなくなる前に

こんにちは。大阪工房のしおりです。

これまで何度か、ブラシにまつわるブログを書いてきました。

ブラシをかける目的の一つは、ホコリを落とすため。

しかし、ブラッシングでホコリを落とせないケースがあることをご存知でしょうか。

 

 

蓄積されたホコリは頑固

こちらは靴の表面、土踏まず部分です。

足形に沿うよう絞られているため、構造上ホコリが溜まりやすいです。

 

このようにブラシを縦にし、沿わせるようにブラッシングすればホコリは取り除けます。

ただし、長い期間蓄積されたホコリは話が違います。

時間の経過で頑固な汚れとなり、ブラシだけで落とせないことがあるのです。

 

 

頑固なホコリにはクリーナーを

M.MOWBRAY プレステージ ステインクレンジングウォーター ¥1,100(税込) ラージサイズ¥2,420(税込)

M.MOWBRAY クリーニングブラシ ¥440(税込)

クリーナーとクリーニング用ブラシを使い、ホコリ落としに取り掛かりました。

ブラシにクリーナーを適量取り、靴全体を洗浄します。

土踏まず部分は念入りに泡立ててください。

最後に泡をクロスで拭き取って、作業完了です。

 

キレイに落とすことができました。

このように洗浄すれば、汚れを取り除くことはできます。

ただし、これはブラッシングよりも手間のかかる作業。頻繁に行うのは面倒です。

そのためにも、靴を履くたびに隅々までブラッシングを。汚れが蓄積するのを防ぎましょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ルクアイーレ大阪8F イセタンメンズスタイル内

工房直通:06-4301-3933

 

Instagram:@osaka.shoecare

Twitter:@oosaka3


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。