navi

実は簡単なエナメルの手入れ

シューケアマイスター部大阪店のしおりです。

 

最近街を歩いていて、エナメル革の靴を履いている人が多いことに気づきました。

元はフォーマルシューズに用いられる革素材でしたが、今はカジュアルシューズの定番素材になりました。
メンズ、レディス、どちらでも人気です。

そんな街ゆく人のエナメルシューズを見ていると、どうしても気になることがあります。

「曇っていて、もったいないな」

エナメル革の特長の一つが、塗装仕上げによる強い光沢。
曇ったまま履いていてはその良さを見せることができず、もったいないと思うのです。

この曇りは、正しく手を加えれば簡単に取ることができます。

今回はその手順。そしてエナメルの光沢を維持するコツをご紹介します。

 

 

基本のエナメルケアで曇りを取る

エナメル革のお手入れはとても簡単です。

それは通常の革靴に比べて、わずかな数のアイテムで結果を出せるから

それでは、この靴を手入れします。

 


エナメルには専用のアイテムがあります。
M.モゥブレィ・ラックパテント ¥1,000+税

ラックパテントを使えば、汚れ落としとツヤ出しが同時にできます。

こちらを柔らかい布に少量取り、汚れを拭き上げながら全面を磨きます。

最後に布のキレイな部分で乾拭きをして完了です。

 


5分ほどで、エナメルらしい光沢が蘇りました。

使う道具が少ないので、迷わずにここまでたどり着けるはずです。

 

こちらのラックパテントは、幅広く利用できるのも嬉しいポイント。

靴に限らず、エナメルであれば、バッグや財布などにもお使いいただけます。

 

 

光沢を維持するコツ

ラックパテントを使ったお手入れは、月に1回ほどのペースで行えば大丈夫です。

それに加えて、光沢を維持する方法を知っていただければ完璧。

 

光沢を維持するために必要なのは、ブラッシングです。

履く度にブラッシングすれば、一度手入れしたエナメルの光沢を、より長く維持することができます。

エナメルにお勧めのブラシがこちらです。
プロゴートブラシ ¥3,000+税

通常のホコリ落としで使用する馬毛のブラシでは、エナメル革の場合、ブラシ跡が残りやすいもの。
それは革の表面に対して、毛が少し硬いからです。

非常に柔らかいヤギの毛を使ったプロゴートブラシであれば、ブラシ跡を残しません。
ホコリを払いながら、エナメルの光沢をキープすることが可能です。

 

汚れ落としとツヤ出しのために、M.モゥブレィ・ラックパテントを。

そして、日々の汚れを落とし、光沢をキープするためにプロゴートブラシを。

この2つのアイテムを使って、エナメルの靴をキレイな状態で楽しんでいただければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ルクアイーレ大阪8F イセタンメンズスタイル内

工房直通:06-4301-3933

Instagram:@osaka.shoecare

Twitter:@oosaka3


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。