navi

スエード用汚れ落としの意外な使い方

こんにちは、京都工房の西澤です。

今回はラバーソールの汚れ落としについてのお話です。

 

ラバーソールの靴を履いていると気になってくるのは、側面の汚れ。

白や黄色など明るい色のラバーの場合、いつの間に付いた汚れが気になりやすいです。

 

今回はレッドウィングなどのワークブーツに多く用いられる、ボブソールの汚れを落としていきます。

 

 

スエード用の汚れ落としが向いている?

今回使用するのは

M.MOWBRAY スエード&ヌバックイレイサー(税込¥880)

 

スエードヌバックイレイサーは、本来は起毛皮革用の汚れ落としです。

しかし、私たちはラバーソールの汚れ落としに使うことがあります。

スエード&ヌバックイレイサーは微粒子ゴムを固めて作られています。

細かな微粒子ゴムが汚れを吸着しながら表面を軽く研磨し、綺麗にする仕組みです。

 

 

ボブソールのように表面がザラっとした凹凸のあるラバーソールには、この微粒子ゴムの力が良く効きます。

 

 

かなり綺麗になりました。

 

ここで一つ、注意点をお伝えします。

スエード&ヌバックイレイサーはザラっとした凹凸のあるラバーソールには有効ですが、表面がツルっとしたラバーソールには適しません。
(コンバースのスニーカーなどに使われているラバーソールなど)

 

 

シューケア用品は、特性を見極めれば別の使い方ができることがあります。

今回ご紹介したのはその一例です。

お手入れ道具の新たな使い方を見つけましたら、またご紹介できればと思います。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。