navi

新発売!携帯にも便利な仕上げ用品

こんにちは。京都工房の西澤です。

今回は、京都工房に新たに仲間入りした、靴磨きの仕上げ用品をご紹介します。

 

 

靴磨きの仕上げとは

そもそも靴磨きの仕上げとは何を指すのか?

それはズバリ、乾拭きです。

革靴の表面を拭くだけの作業なのですが、この仕上げはなかなか重要です。

 

乾拭きの大切さをお伝えするために、まず、靴磨きの大まかな工程を振り返ってみたいと思います。

靴磨きでは、革靴に色を補ったり、ツヤを出す目的で靴クリームを塗布します。

 

靴クリームを塗った後は、その靴クリームを革に馴染ませるために豚毛ブラシでブラッシングします。

靴クリームは、種類にもよりますが油分やワックスが多く含まれているものです。

そのため、クリームを塗った靴をブラッシングせずに放置しておくと、油分などによって表面がべたついてしまいます。

そこで、豚毛ブラシを使って靴クリームを革に馴染ませながら、余分なクリームをある程度取り除く必要があるのです。

 

このブラッシングの次の工程が、仕上げの乾拭きです。

ブラシをかけた靴は、光沢が出ていて十分キレイになっているのですが、それでも仕上げの乾拭きは必要かつ重要なのです。

それはなぜなのでしょうか?

 

 

乾拭きの2つの目的

仕上げの乾拭きの目的は、2つあります。

 

1つめの目的は、革の表面に残った靴クリームを拭き取ること。

先ほどご説明した通り、豚毛ブラシで靴クリームを馴染ませれば、余分なクリームをある程度は取り除くことができます。

しかし、ブラッシングで取り除けるクリームは、あくまでも「ある程度の量」です。

十分にブラッシングした靴であったも、その表面には、まだ余分なクリームが残っています。

この余分なクリームは、ホコリを吸着しやすくしてしまったり、洋服(ズボンの裾など)への色移りにつながってしまいます。

ですので、仕上げとして靴の表面を念入りに乾拭きして、余分なクリームを拭き取ることは重要なのです。

 

2つめの目的は、革靴の表面を整えて、より光沢を出すこと

豚毛ブラシでブラッシングした後の靴は、その時点でも光沢が出ています。

しかし、よく見ると、線状の跡が残っていることがあります。

これは豚毛ブラシが通った跡です。

豚毛ブラシは、硬くて太い毛が使われています。この毛の硬さのおかげで、粘度の高い靴クリームを革全体に効率良く馴染ませることができます。

一方で、柔らかい毛(馬毛やヤギ毛)に比べると、どうしてもブラッシングの跡が残りやすいです。

そのため、豚毛のブラシをかけた靴は、光沢が出ていても、上の画像のような筋が残ってしまっているのです。

この筋は、クリームについたブラシ跡ですので、布で拭いてあげることで綺麗に消えます。

これで、革靴の表面はツルっとなり、よりキレイな光沢が生まれます。

 

 

携帯にも便利な、ウールとレザーを使った仕上げ用品

この度、弊社から発売となりましたM.MOWBRAY レザーグローブ(税込¥5,500)は、乾拭き面にウール、背面にレザーを使った仕上げ用のアイテムです。

くるっと丸めて、ボタンで留めることができるので、携帯にも便利です。

 

仕上げの乾拭きで使用する面は、100%ウール素材です。

毛足が長く、毛量も詰まっていますので、ソフトな使用感ながらクリームを取り除く性能が高いです。

 

実際に、豚毛のブラシをかけた靴を、レザーグローブで仕上げてみました。

ブラシの跡がキレイに消えて、光沢が一段階アップしました。

 

 

使い込んだ仕上げ用品で、日々のお手入れを簡単に

クリームを塗った後に使うブラシやクロス(布)は、お手入れの回数を重ねる度に、靴クリームの成分が少しずつ蓄積されていきます。

実は、この付着した成分は日々のお手入れで役に立ちます。

靴クリームに含まれるワックスがレザーグローブのウール部分に付着していれば、そのグローブで乾拭きするだけでも、革靴にある程度の光沢を与えることができます。

家を出る前や営業先に行く前など、レザーグローブで靴を拭き上げるだけで、ナチュラルな光沢感を出せるのは便利ですね。

 

 

M.MOWBRAY レザーグローブは、靴磨きの仕上げに最適で、使い込むことで日々のお手入れの強い味方になってくれます。

ウールとレザーの組み合わせは、耐久性も高く、長くご愛用いただくことができます。

ご自宅でも、出先でも頼りになるレザーグローブ、京都工房にてお手に取ってご覧ください。

 

シューケアマイスター京都店の場所はどこ?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 京都店

所在地:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

電話番号:075-342-5693(紳士靴売場直通番号)

 

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

 

【M.MOWBRAY 公式YouTube】

【M.MOWBRAY 公式Instagram】

【M.MOWBRAY 公式オンラインストア】

 

 

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。