navi

【自分の好みを探す】靴クリームの仕上がり比較

こんにちは。京都工房の西澤です。

 

一言で靴クリームと言っても、その種類は多く、ブランドごとに様々な特徴があります。

その特徴の差は、靴磨きをする上では、【こだわり】を見せるポイントでもあります。

今回は黒い革靴、茶色い革靴を、様々な靴クリームで仕上げて、その違いを比較してみました。

 

 

黒クリームのブランドによる違い

まずは、一足の黒い革靴に、片足ずつ別のクリームを塗ってみます。

使うのは、弊社で取り扱っているこちらのクリームです。

M.MOWBRAY PRESTIGIO クリームナチュラーレ 税込¥2,200(写真左、紙箱)

ENGLISH GUILD ビーズリッチクリーム 税込¥2,200(写真右、瓶)

向かって左の靴にはクリームナチュラーレを使用しました。

(つま先はM.MOWBRAY PRESTIGIOトラディショナルワックスでさらに磨きをかけました)

自然な色付きで、革の表情が全面に出てくる仕上がりになりました。

 

向かって右の靴は、ビーズリッチクリームで磨きました。

(つま先はM.MOWBRAY ハイシャインワックスを使用)

ビーズリッチクリームはロウ分が強いため、はっきりとした光沢です。

また、着色力が強いため、黒の色が強く出ています。

 

 

同じブランドの黒と無色の違い

次は、一足の黒い革靴に、片足ずつ別の色のクリームを塗ってみます。

ENGLISH GUILD ビーズリッチクリーム ブラック 税込¥2,200(写真右、瓶)

ENGLISH GUILD ビーズリッチクリーム ニュートラル 税込¥2,200(写真左、瓶)

向かって左の靴には、ビーズリッチクリーム ニュートラルを、右の靴にはビーズリッチクリーム ブラックを使いました。

どちらも同じブランドのクリームを使ったため、光沢の出方は同じです。

仕上がりは、色がニュートラル(無色透明)かブラックかの差だけが出ます。

微妙な違いなのですが、ブラックで仕上げた靴の方が光の反射が強いです。

それでも意外と大きな差は出なかったですね。

 

 

ブランド別茶クリームの比較①

一足の茶色い革靴に、片足ずつ別ブランドの茶色のクリームを使います。

FAMACO1931 サブライムレザークリーム ダークブラウン 税込¥2,750

ENGLISH GUILD ビーズリッチクリーム ミディアムブラウン 税込¥2,200

向かって左の靴には、ビーズリッチクリーム ミディアムブラウンを、右の靴にはサブライムレザークリーム ダークブラウンを使いました。

ビーズリッチクリームは、光沢が強く、深い色の仕上がりになりました。

サブライムレザークリームは、色はダークブラウンを使用していますが、そこまで濃くならない仕上がりになりました。革の色をあまり変えずに磨きたい方には最適です。

 

 

ブランド別茶クリームの比較②

最後に、先ほど使ったビーズリッチクリーム(ミディアムブラウン)と、色味が違う茶色のクリームを比較します。

ENGLISH GUILD ビーズリッチクリーム ミディアムブラウン 税込¥2,200

M.MOWABRAY シュークリームジャー レッドブラウン 税込¥990

向かって左の靴には、ビーズリッチクリーム ミディアムブラウンを、右の靴にはシュークリームジャー レッドブラウンを使いました。

 

ビーズリッチクリームは先程の比較①と同じ仕上げです。

ただ写真のアングルが変わったことで、より履きジワ部分の色が深くなったように感じますね。

靴は非常に立体的なので、見る角度が変わると表情は大きく変わります。

 

シュークリームジャーはレッドブラウンという赤みが強い茶色を使いましたので、上の画像とはだいぶ印象が違います。

 

いかがでしたでしょうか。

左右をあえて違う仕上がりにすることはないですが、横に並べるとこれほどに違うものかと、あらためて靴クリームの深さを思い知りました。

 

ぜひ、自分好みの仕上がりになる靴クリーム探しをしてみてください。

靴磨きが楽しくなること間違いありません。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 京都店

所在地:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

電話番号:075-342-5693(紳士靴売場直通番号)

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。