navi

ローファーに合うシューキーパー/シュートリーを選ぶ【後編】

こんにちは。京都工房のサオオです。

 

シューキーパー/シュートリーは靴の形を整えるためのアイテムです。

8月18日のブログでは、ローファーに合わせるシュートリーについてお伝えしました。

シュートリーの種類、構造の他、ローファーに合わせるにはどのタイプが良いかを書いています。

 

今回は、その後編です。

ローファーにシュートリーを合わせるときに、見るべきポイントをお伝えします。

 

シューキーパー/シュートリーの入れ方

最初に、靴へのシュートリーの入れ方をご紹介します。

こちらのローファーに、シュートリーをセットします。

 

セットするシュートリーは、サルトレカミエのSR300EX(税込¥10,450)です。

SR300EXはネジ式と呼ばれる構造のシュートリーです。

金属製のツマミ回すことで、つま先のパーツとカカトのパーツとの間隔を調整することが可能です。

ネジ式のシュートリーは、靴の履き口(足を入れる部分)を必要以上に伸ばしてしまう心配がないので、ローファーに合わせるシュートリーとして、よくご紹介しています。

(もう一つのシュートリーの構造であるバネ式については、前回のブログをご覧ください)

 

その1

最初はつま先のパーツとカカトのパーツの間隔は、一番狭い状態にします。

 

その2

シュートリーの外側を少し下に傾けながら、靴の中に差し込みます。

こうすることで、余計な力を入れなくてもシュートリーを靴に滑り込ませることができます。

 

その3

シュートリーの先端部分を、靴のつま先部分まで差し込みます。

 

その4

シュートリーのカカト部分を押し込みます。

シュートリーのカカト部分を手で軽く押して靴の中に入れば、良い力加減、バランスです。

もしここで手で押さなくても、シュートリーのカカト部分が靴の中に入ってしまうようであれば、靴の形を整える力が十分に働いていません。

一度靴から取り外して、ネジを調整します。

 

つま先のパーツとカカトのパーツの隙間がゼロの状態から、3ミリほど開いた状態でネジを締めて固定します。

その後、その2〜その4の流れをもう一度行います。

 

これでシュートリーのセットは完了です。

この状態でシュートリー形状が靴に合っているかをチェックします。

 

このシュートリーは、この靴に合っているのか?

シュートリーの形状が靴に合っているか、見るべきポイントは3点です。

 1.指の付け根部分

 2.甲部分

 3.カカト部分

 

最初に1.と2.をチェックします。

靴の指の付け根周辺と、甲の部分を手で押してみます。

靴とシュートリーの間に隙間がなく、ピンと張っていれば問題ありません。

手で押したときに、ペコっと隙間を感じるようであれば、靴の形を整える力が足りていません。

別の形状のシュートリーを試してみる必要があります。

 

次に3.カカト部分のチェックです。

靴とシューキーパーのカカト部分の大きさが合っているかを見ていきます。

靴に対してシューキーパーのカカト部分が大きすぎると、靴の形を歪めてしまうので注意が必要です。

 

この画像のように、靴の履き口(足を入れる部分)の両サイドがピンと張っていて、カカト周りが綺麗な曲線を描いていればOKです。

 

この3つのポイントをクリアできていれば、靴とシュートリーの相性はバッチリです。

 

迷ったときはご相談を

前後編に渡り、ローファーに合うシュートリーについてお伝えしました。

 

シュートリーは靴の形を整え、靴を長持ちさせるために欠かせないアイテムです。

しかし、靴と相性が悪いシュートリーは、靴に余計な力をかけて型崩れを起こしかねません。

 

お手持ちの靴に合わせるシュートリーのご相談は、いつでも承っております。

その靴を、ぜひ京都工房にお持ちください。履いてきていただいても大丈夫です。

サオオ、もしくは西澤まで、お声かけください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。