navi

アルミケースで気持ちを上げる靴磨きセット

こんにちは。京都工房の西澤です。

 

「靴磨きを始めてみたい」

そう思ったとき、必要な道具がコンパクトにまとまっている靴磨きのセット(シューケアセット)は、

とてもありがたい存在です。

靴磨きの入門用として、セットを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

しかし、シューケアセットはたくさんの種類があり、どれがいいか迷ってしまうことも。

そんなときは、「セットの外装=容器」に注目してみるのも一つの手です。

 

今回は、京都工房に限定5点入荷した、容器に注目していただきたいシューケアセットのご紹介です。

 

 

アルミケースに入ったシューケアセット

ハードシェルセット ¥4,400(税込み)

 

靴磨きのセット(シューケアセット)は、缶や木箱にケア用品をまとめたものが多いです。

このハードシェルセットは、外装だけ見ると他のシューケアセットとは異色な雰囲気。

 

とはいえ、中身は黒靴のお手入れ用品一式が入っていますので、ご安心ください。

黒のビジネスシューズ、ドレスシューズのお手入れはこれで完結できます。

① ステインリムーバー(革靴用汚れ落とし、画像一番右)

② シュークリームジャー 黒(保革・補色・ツヤ出しクリーム、画像一番左)

③ ペネトレィトブラシ(靴クリーム塗布用ブラシ、画像右から2番目)

④ 艶出し用ブラシ(画像中央の上)

⑤ リムーバークロス(ステインリムーバー専用の布、画像中央の真ん中)

⑥ ポリッシングコットン(乾拭き用の布、画像中央の下)

使い方はこちらのページにまとめています。

※このセットにホコリ落とし用の馬毛ブラシは入っていません。④のブラシをお使いください。

 

 

収納箱の思わぬ効能

靴磨きをするうえで、「気持ちの高ぶり」は大切だと考えています。

 

靴磨きを始めた頃、私は段ボールにお手入れ道具一式を入れていました。

1年くらいは、問題なく、その段ボールを使っていました。

しかし靴クリームが増えてきたある日、重さに耐えきれず段ボールが破損。

 

「次は丈夫な箱を」と、19歳の時にM.MOWBRAYのBOXセットを購入しました。

実際に私が家で使っているシューケアボックスです。

 

段ボールから木製のシューケアボックスになっただけで、中に詰めている道具は変わっていません。

それだけの変化ですが、靴磨きをするときの気持ちはだいぶ変わりました。

段ボールに入れていたときより、「靴磨きを頑張るぞ!」と力が入るのです。

 

 

「魅力的な収納箱のおかげで、靴磨きに力が入る」

私が味わった感覚を、ハードシェルセットのアルミケースで体験していただけると嬉しいです。

 

忙しくて、靴磨きがおっくうなとき。

このケースが思わぬ力を発揮してくれることを期待しています。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

 

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

 

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。