navi

John Lobb Jermyn2の魅力

マイスター部銀座店のはたのです。

お客さまとウェストンのウィズについてお話しました。

「らしくないAとB。それががまたいいですよね」。

楽しい時間ありがとうございました。

さて、本日は常連さまよりお持ちいただいた「John Lobb Jermyn2」のご紹介。

Jermynの違い

Jermyn2があるということは1があるはず。

そして、調べてみれば3もあるようです。

私も勉強不足で詳しく知らなかったのですが、先輩に聞いてみたところ「ラストじゃないかな」とのお答えを頂きました。

なるほど。

そして、一瞬復刻されたようですが、今はBY REQUEST(バイリクエスト)のみのオーダーということもあり希少品です。

英国紳士が集うJermyn street

Jermynと聞くと真っ先に思い浮かべるのは「Jermyn street」。

イギリスロンドンにある、紳士服を中心とした小売店が並び、英国のみならず世界中の服好きが集まる通りです。

そんな「Jermyn」が命名されているわけですからJohn Lobbの中でも気合が入っていることは間違いないでしょう。(JermynとJermyn streetに関係があるかは個人の憶測ですのでご注意ください笑)

John Lobbでよく見かける角張った裁断とは一味違う、流れるよう曲線美が特徴のJermyn2。

固さよりも柔らかさが主張され、どこか女性のような美しさを感じます。

しかし、ただ柔らかいだけではなく、サイドを走るストラップ、バックルが全体のイメージを整えてくれています。

無駄を削ぎ落したデザイン

この靴を見たとき、真っ先に思い浮かんだのが「車のシルエット」。

外観の美しさを追求すると、通じるものがあるのだと勝手に解釈しています。

どのような車のシルエットに似ていたかを思い浮かべ、「ランボルギーニ(LAMBORGHINI)」や「フェラーリ(FERRARI)」とも一味違う。

ポルシェ(PORSCHE)にも近いようだけどしっくりこない。
そんな中で「アストンマーティン(astonmartin)」が上位でしたが、もっと似ている車があるはずだ…。

と一人でもやもやしていたら。日本が誇るデザインカー「mazda RX9」であることを思い出しました。

似てませんか?笑

印象に残るよう、デザインを入れ込むことが多くあります。

しかし、あえてその作業を極力なくし、無駄な部分を削ぎ落しています。

美しいラストとシンプルなサイドストラップのデザインだけで勝負している点に感銘を受けました。

しかし、かっこいいな「Jermyn2とRX9」。

今度常連様に履いている姿を見せていただきたいと思います。


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。