navi

【Meister recommends】ブーツに塗るクリームのこだわり【第四回】

日頃 店頭でお客様の靴を磨き、
技を磨いている  Shoes Care Meister (以下 マイスター)

「個人で靴磨きを愉しむ方が増えている今だからこそ、我々の技の一端をぜひお試しいただきたい・・・」
そんな理由から、我々マイスターの “裏技” をご紹介していく「Meister technic」シリーズ。

今回は、冬場ならではの「ブーツ」についてです。

この時期ならでは、冷えてくると履きたくなるブーツですが、
久しぶりに引っ張り出したときのお手入れにはすこしだけコツがあります。

M.MOWBRAY デリケートクリーム
¥1,000+税

それは筒(=シャフト)の部分に「無色(=ニュートラル)のクリーム」を使用すること。

無色のクリームを使用してお手入れすることにより、
ブーツならではの長く伸びた筒(=シャフト)部分がパンツの裾に触れた時でも、
色移りの心配がかなり軽減されます。

つま先やかかと部分など、よく擦れる部分には色の付いたクリームを。
裾に触れる部分には無色のクリームを。

2種のクリームを使い分けるのは手間ではありますが、
使い分けてお手入れすることで、裾を汚さず気持ちよく、そして愛着を持ってお履きいただけるかと思います。

ぜひお試しください!


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。