navi

革底に栄養を与えて履きやすく!!

日本橋店

皆さん、おはようございます。

シューケアマイスター靴磨き工房 三越日本橋本店 上家(かみいえ)です。

10月も後半に入り、寒さも感じる日が多くなりましたが、

「スポーツの秋」「食欲の秋」「読書の秋」と楽しい「秋」を満喫している方も多くいます。

私も、友達とゴルフに行き、外食は控えてますが、家族と楽しく鍋を囲みながら楽しい秋を過ごしています。

しかし、運動をしてますが痩せません。

食べ過ぎでしょうか・・・。

 

さて、本題に入りますが、

人に栄養が必要なように、靴にも栄養が必要です。

本日は、革底に栄養を与える商品の紹介です。

 

革底の栄養補給の仕方

 

 

M.MOWBRA ソールモイスチャライザー ¥1,500+税

こちらの商品は、靴底(革)用の栄養剤です。

革は潤いがなくなると摩擦しやすくなり、特にレザーソールは地面と摩擦する事ですり減りが早くなります。

栄養を与えると、柔軟性も高まり、靴底の「かえり」が良くなり、歩きやすさが向上します。

ソールモイスチャライザーはレザーソールを長持ちさせる栄養クリームです。特に、雨に濡れた後は、乾燥して硬くなるのでおすすめです。

 

使用方法は?

 

最初に、靴の裏の汚れを落とします。ブラシか布地を使いきれいに汚れを落としてください。

 

 

 

次に、靴の裏にソールモイスチャライザーを塗って下さい。塗る時には、ペネトレイトブラシを使うと、万遍なく塗れます。

 

 

その次に、アビィ スティックにポリッシングコットンを巻き付けて、靴の裏をこすります。

 

 

何回か、ソールモイスチャライザーを少量塗り、アビィ スティックでこすります。

こすっていくと、革がすべすべになり、潤いが出ます。潤いが出たら終了です。

 

注意点は?

皮革の革底以外には使用できません。ツヤが消えたり、色落ち、シミになる特殊な仕上げの靴の革底もありますので、必ず、目立たない部分でテストして下さい。

こちらの商品は、滑り止めではありません。靴底の仕上げや素材により滑りやすくなる場合もございます。歩行の際はご注意して下さい。

 

以上が、レザーソールのお手入れをする、ソールモイスチャライザーの使用方法です。

靴の表革だけでなく、靴の底にもぜひ栄養を与えて下さい。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

三越日本橋本店 本館2F 紳士靴売場

メンズシューズケア&リペアカウンター

工房直通:03-6225-2078

Instagram:@nihonbashi.shoecare

Twitter:@nihonbashishoe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。