navi

紐がついた靴の正しい履き方

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

お手持ちの靴のなかに「ゆるくて、歩きにくいから」と、履く機会が減っている靴はありませんか?

紐がついている靴限定ではありますが、靴の履き方を見直すだけで歩きやすくなる可能性があります。

 

 

靴の履き方を見直す

ゆるくて歩きにくいと感じる靴は、歩行時に靴の中で足が遊んでしまっています。

一歩を踏み出すとき、地面を蹴るときに、靴の中で足が動いている状態です。

この状態を改善するには、足が靴の中で動かないよう、靴が足をホールドする力を高めてあげる必要があります。

紐がついている靴であれば、靴の履き方を見直すことが、ホールド力アップにつながります。

 

 

紐がついた靴の正しい履き方

靴が足をホールドする力をアップするための、紐靴の正しい履き方をご紹介します。

ポイントは「その2」と「その3」です。特に注意してお読みいただければと思います。

 

その1

靴べらを使って、靴の中に足を滑りこませます。このとき、靴紐は必ず緩めた状態にしておきます。

これは、靴のホールド力には関係しないのですが、靴を長持ちさせるために必ず守っていただきたいことです。

無理に足をねじ込んでしまえば、靴のカカト周りは数週間も経たないうちに変形してしまいます。

 

その2

つま先を上げて、靴のカカト部分と足の間に隙間ができないようにします。

ここに隙間が無い状態が、靴と足の正しい位置関係です。

正しい位置で足をホールドしてあげることで、靴が持っている機能(足を支え、歩行をサポートする力)が発揮されます。

 

その3

靴紐を締めていきます。

つま先の方から、足首の方に向けて一カ所ずつ順番に、靴紐を締め上げてください。

足首に近い側を締めるだけでは、足をホールドする力が十分に得られませんので、ご注意ください。

 

その4

紐を結んで完了です。

 

 

まとめ

靴を履くときには、緩めておいた紐を締め直す。

この基本を押さえていても、「その2」と「その3」を意識している方は意外と少ないです。

 

つま先を上げ、靴のカカト部分に隙間を開けない。(靴の中で、足を正しい位置に持ってくる)

靴紐を一カ所ずつ締め上げて、靴が持つホールド力を最大限に引き出す。

 

極端にゆるい靴でなければ、靴から足が抜けてしまう感覚は軽減できるはずです。

中敷き(インソール)などを使った調整を考える前に、まずは靴の履き方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。