navi

お手入れ道具を長く使う方法とは?

皆さんこんにちは。
日本橋工房のヤマザキです。

洗って何度も使えるもの、使い捨てではなく洗えるものは経済的にも環境にも優しくて嬉しいですよね。
靴磨きに使う道具でも、洗って何度も使えるものがあります。
今回はそちらをご紹介をしていきます。

まずは靴クリームを塗るのに欠かせないぺネトレィトブラシ。

手を汚さずに適量の靴クリームを浸透させることができる便利なアイテムです。
ですが、店頭で接客をしていて、ブラシが固まって使いづらくなってしまったというお声を聞くことがあります。
確かに、ぺネトレィトブラシは使っていると靴クリームのロウ分で固くなってしまいます。
そんなときは洗ってあげましょう。

洗い方は、ぬるま湯につけて洗い、その後タオルで拭き取って乾かすだけ。
汚れがひどい場合は中性洗剤を使用して、洗うことも可能です。
洗いたてで毛先がパサパサしているときは、デリケートクリームを毛先に馴染ませてあげると毛先が柔らかくなります。


ここで注意していただきたいポイントが2つ。
1つ目は、持ち手を濡らさないこと。
持ち手は木製のため、水に濡れると劣化の原因になります。
2つ目は、強く洗わないこと。
強く洗ってしまうと、毛先が開いてしまうので優しく洗ってあげることが大切です。


続いては汚れ落としを使用する際に使うリムーバークロス


靴磨きをする際に欠かせない汚れ落としですが、そのときに使うリムーバークロスも汚れていきます。
布だから使って汚れたら処分するという方が多いかもしれません。
実はこちらも洗えます。


洗い方は、水(ぬるま湯)や中性洗剤で手洗いをする。
こうすることで、また使用することができます。

最後はハイシャインやクリームを塗るときに使うポリッシングコットン


こちらも先ほどのリムーバークロスと同様に、汚れてきたら水またはぬるま湯、中性洗剤で手洗いが可能です。

店頭で接客をしていて、洗って何度でも使えるということをお話すると、それならいいねと良い反応を示して下さるお客様が多いです。
普段のお手入れで、靴をきれいにすることはもちろんのこと、道具をきれいにして長く使うということに着目してみてはいかがでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

三越日本橋本店 本館2F 紳士靴売場

メンズシューズケア&リペアカウンター

工房直通:03-6225-2078

 

Instagram:@shoeshinebar_nihonbashi

Twitter:@nihonbashishoe

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。