navi

「サイズの微調整に!」機能性を持った2つのインソールを紹介

皆さんこんにちは。

日本橋工房のヤマザキです。

今回のブログでは、靴のサイズ調整に欠かせないインソールをご紹介します。

気に入った靴を買ったけど、サイズが大きのでインソールを入れたい、というご相談をよく受けます。

店頭ではいくつか種類をご用意しておりますが、本日は定番なフラットなものをご紹介していきます。

 

CLUB VINTAGE COMFORT プレジデントロング ¥1,870(税込)

 

こちらは全敷きタイプのインソールで一番薄いタイプです。

薄手なので少しサイズが大きいという方、簿調整におすすめです。

 

CLUB VINTAGE COMFORT プレジデントクッション+ ¥2,970(税込)

先程ご紹介したプレジデントロングと見た目はそっくりですが、その大きな違いは厚さ。

プレジデントロングは厚さ2mm、プレジデントクッション+は倍の4mm。

写真にあるように、実際に比べてみるとその差は一目瞭然。

この4㎜の厚さのおかげでフィット感がアップして、足にかかる衝撃もしっかり吸収。

また、低反発クッションを搭載しているのでクッション性も向上しました。

 

今回ご紹介した2つのインソールに共通して言えることは、シープレザーから出来ていること。

厳選された良質の天然シープレザーを使用しています。

 

シープレザーの特徴

耐久性・吸汗性・吸湿性に優れていることです。

靴を長く履くためには、1日履いたら2日休ませることが推奨されています。

1日靴を履くと、両足でコップ一杯分の汗をかくと言われるほど、高温多湿な環境です。

ニオイや菌の繁殖を防ぐためにも、靴の中の汗や水分を乾燥させることが必要になってきます。

このシープレザーのインソールは、吸汗と吸湿を兼ね備えているので、高温多湿な靴の中の環境にぴったりなインソールです。

 

もう1つ、シープレザーの特徴は柔らかく、足馴染みが良い点です。

足にフィットしてくれるので、インソールを入れたことによる違和感がなく履くことができます。

 

ここまで2種類インソールをご紹介してきましたが、ただ単にサイズ調整だけの用途ではなく、吸湿や吸汗の機能もあります。

今履いている靴のサイズで困っているという方、店頭にはサンプルもあり、実際にお試しも出来るのでお気軽にお声がけください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

三越日本橋本店 本館2F 紳士靴売場

メンズシューズケア&リペアカウンター

工房直通:03-6225-2078

 

Instagram:@shoeshinebar_nihonbashi

 

 

Twitter:@nihonbashishoe

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。