navi

保湿を重視したプレミアムなケアメニュー

こんにちは。京都工房の西澤です。

 

今回は京都工房で承っているメニューの中から「プレミアムケア」をご紹介します。

 

 

プレミアムケアとは

プレミアムケアとは「保湿」を重視したケアメニューです。

ベーシックケアという税込¥1,100のメニューと違い、靴クリームに加えて、保湿力に長けたデリケートクリームも使用します。

 

 

最初は汚れ落とし

M.MOWBRAYステインリムーバーを使い、汚れを落とします。

以前塗った靴クリームをリセットし、革をスッピンに近い状態にします。

この工程は汚れを落とすだけでなく、次に塗るクリームの革への染み込みを良くするためのものでもあります。

 

 

3つのデリケートクリーム

M.MOWBRAY デリケートクリーム 税込¥1,100円(向かって左)

M.MOWBRAY  PRESTIGIO リッチデリケートクリーム 税込¥1,650円(真ん中)

FAMACO1931 デリケートレザージェル 税込¥3,080円(向かって右)

 

デリケートクリームとは、油分控えめ、水分多めの配合バランスで作られた皮革製品用クリームです。

革に潤いを与え、柔軟性を高めるため効果があります。

 

プレミアムケアでは革のコンディションなどに応じて、3つのデリケートクリームから1つを選びます。

・スタンダードなM.MOWBRAY デリケートクリーム

・シミになりにくく、塗ってから乾くまでが速いリッチデリケートクリーム

・油分、ロウ分もある程度入っていて、モチっと仕上がるデリケートレザージェル

3つのクリームの大まかな特徴です。

 

 

色が明るい靴にはプレミアムケアがオススメ

革靴の色が明るい場合は、プレミアムケアをオススメします。

それは、デリケートクリームを塗ることで見た目にもキレイに仕上がるからです。

 

写真左の革には何も塗らず、右側のみデリケートクリームを塗っておきます。

 

 

乳化性の靴クリームを同じ分量塗布します。

 

 

左が靴クリームのみ。

右がデリケートクリームの後に、靴クリームを塗った状態です。

右の方が、靴クリームの色が均一になっていることが分かります。

 

汚れ落としをしてから油分の多い靴クリームを塗ってしまうと、革のコンディションによってはムラになる恐れがあります。

靴クリームの前にデリケートクリームを塗ると、靴クリームの油が部分的に集中して染み込みにくくなります。

これが均一な仕上がりにつながります。

 

 

靴クリームで仕上げ

最後に靴クリームを塗ります。

今回使用したクリームは

M.MOWBRAY PRESTIGIO クリームナチュラーレ ミディアムブラウン(税込¥2,200)

天然成分を主成分とした、浸透性の高いクリームです。

 

 

靴クリームだけでなく、デリケートクリームも

革製品は使い続けるうちに乾燥が進み、硬く、カサカサな状態になります。

このような状態で履き続けると、負担がかかる履きジワ(靴が曲がる)部分にひび割れが起きてしまうこともあります。

定期的に靴クリームだけでなくデリケートクリームを使用することで、

ひび割れを起こすリスクを少しでも減らし、革靴と長く付き合っていただければと思います。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。