navi

革靴の形を守るために

こんにちは、京都工房の西澤です。

 

4月まで、あと一週間。

入社式、入学式用に新たな革靴を購入した方も多いのではないでしょうか。

革靴に合わせたシューケア商品(靴磨きの道具)を揃える際、靴クリームやブラシが真っ先に思い浮かぶと思います。

しかし、一番最初に購入していただきたい道具が一つあります。

 

それはシュートリー(シューキーパー)です。

サルトレカミエSR300EX 税込¥10,450(向かって一番左)

サルトレカミエSR400EX 税込¥10,450(左から二番目)

サルトレカミエSR200EX 税込¥9,900(右から二番目)

サルトレカミエSR100EX 税込¥9,900(一番右)

 

 

 

シュートリーができること

シュートリーは大きく分けて以下の効果があります。

 

・履きジワを伸ばすことで革のヒビ割れを防ぐ。

・履き込むことで広がる履き口(足を入れる部分の口周り)の形状を整える。

・汗などによる中の湿気を吸収し、快適な状態を保つ。

 

シュートリー1つでこれだけの良いことがあります。

ただシュートリーといっても、その形状は様々です。

その靴に合わないシュートリーを選んで入れてしまうと、靴の形を整えるはずが、崩してしまうことになります。

また合っていないシュートリーでは、

「履きジワを伸ばす」や「履き口の形状を整える」の効果を十分に得ることができません。

 

 

合うシュートリーの選び方

シュートリーを選ぶ際はまず以下の2点を押さえます。

・履きジワが伸びているか

・履き口が本来の形より広がっていないか

 

履きジワ部分を指で押してみて、ピンと張っている状態が理想です。

 

 

履き口は、広がりすぎていないかチェックします。

 

 

左右どちらも問題無いように見えます。

しかし、履き口部分を比較すると違いがあります。

左が履き口を広げず綺麗に収まっているのに対し、右は広がりすぎています。

履き口が広がってしまうと、カカト周りの足のホールド感が甘くなることがあります。

これはシュートリーのカカトの作りが大きいとき、起こってしまう現象です。

細かなポイントではありますが、しっかりチェックしていただきたいところです。

 

 

シュートリーは合っていてこそ

シュートリーは、革靴を大切に長く履いていくための大切な道具です。

ただし、靴との相性が悪いものを入れてしまうと、せっかくの靴の形状やフィッティングが

損なわれる可能性があります。

京都伊勢丹では様々なシュートリーを常時10種類以上取扱っております。

もしご自身で選ぶのが不安であったり、ネットで購入するのが怖いと感じたときは、

ぜひご来店いただければと思います。

お気軽にご相談くださいませ。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

 

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。