navi

レザーソールにはレザースティックを

こんにちは。京都工房の西澤です。

 

今回はレザーソールのお手入れについてのお話です。

レザーソールとは、革素材のアウトソール(靴底)のことです。

 

アウトソールは、革靴の中で唯一地面に直接触れるため、負担が大きい場所です。

 

レザーソールのメリットは、ラバーソールに比べて柔軟性と屈曲性に優れていることです。

しかし何も手を加えなければ、乾燥により硬化し、擦り減りが進む一方になってしまいます。

そこで今回はレザーソールに柔軟性を持たせ、丈夫にするためのお手入れ方法をご紹介いたします。

 

 

レザーソールを支えるお手入れ道具

アビィ レザースティック 税込¥7,700

水牛の角を加工するイギリスのメーカー、アビィホーンワークス社で作られたスティック状のお手入れ用品です。

このコンパクトなスティックが、革靴をメンテナンスする様々な場面で活躍してくれます。

レザースティックは丸みを帯びた形状と、その硬さを利用して、革の表面に圧力をかける道具です。

圧力をかけることで、革の凹凸や毛羽立ちを抑え込みます。

この毛羽立ちを抑える力が、レザーソールのお手入れに役立ちます。

 

 

レザースティックの使いどころ

ここからはレザーソールのお手入れ方法と、レザースティックの具体的な使い方をご紹介します。

 

レザーソールのお手入れ方法は以下の手順で行います。

1. 汚れを落とす

2.保革クリームを塗る

3.レザースティックで圧力を加える

 

1.ではアッパー(革靴の本体)に使用する汚れ落としを使って、レザーソールの汚れを落としていきます。

M.MOWBRAY ステインリムーバーを使い繊維の奥に入った汚れを落とすことで、

この後に塗る、レザーソール用の保革剤が浸透しやすいようにしておきます。

 

 

2.ではレザーソールに必要な栄養を与えます。

栄養補給は、レザーソール専用の保革剤

M.MOWBRAY ソールモイスチャライザーを使用します。

 

 

汚れを落とした後、ペネトレィトブラシを使い、

油分を含んだソールモイスチャライザーを刷り込んでいきます。

 

 

レザースティックを使用する際はクロスを巻きます。

ソールの凹凸などでレザースティックが傷つくのを防ぐためです。

 

 

レザースティックを押し当てて

ソールモイスチャライザーを塗布した部分に圧力をかけます。

これによって、緩んだ繊維を引き締めることができます。

 

 

毛羽立ちが無くなり、ツルッとした表情です。

柔軟性が高まり、毛羽立ちが無くなることで、削れにくく丈夫な状態になりました。

 

 

定期的なお手入れでソールの寿命を延ばす

今回はアビィ レザースティックを使ったレザーソールのお手入れ方法をご紹介しました。

レザーソールの擦り減りは、靴を履く限りどうしても避けれません。

定期的なお手入れがソールの寿命を長くします。

ぜひ皆様も革靴をお手入れするときは、レザーソールのケアまでやってみてくださいね。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

 


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。