navi

スエード・ヌバックの汚れを落とす

シューケアマイスター部京都店の西澤です。

 

今回はスエード・ヌバック素材(起毛皮革)の汚れを落とす方法をご紹介します。

起毛皮革の汚れを落とす基本の方法はブラッシングです。
ラバータイプ、ワイヤータイプなどのブラシを使っただけで、汚れが落ちて綺麗になることもあります。

ブラッシングで落ちない場合は、汚れの種類によって2つのアプローチがあります。

 

汚れの種類は大きく分けて2つです。

① 表面にこびりついた汚れ

② 染み込んだ汚れ

 

① こびりついた汚れには専用消しゴムを

ベージュなど色が薄い起毛皮革の靴は、つま先やかかとの内側に付着した黒い汚れが目立ってきます。
この汚れは表面にこびりついた汚れであることが多いです。(逆足で擦ってしまったことが主な原因)

こびりついた汚れには、起毛皮革専用消しゴムが有効です。

M.MOWBRAY スエード&ヌバックイレイサー(¥800+税)

微粒子のゴムを柔らかくブロック状に固めた、起毛皮革専用の汚れ落としです。
ゴムが摩擦で削れていくことで、擦っても起毛皮革に傷をつけにくいケア用品です。

 

<before>

 

 

<after>

 

 

② 染み込んだ汚れにはスプレーの汚れ落としを


M.MOWBRAY スエードクリーナー(¥1200+税)

起毛皮革に染み込んだ汚れにも効果を発揮する、スプレータイプの汚れ落としです。

染み込んだ汚れは、スエード&ヌバックイレイサーで表面を擦る方法では落ちないことが多いです。
スエードクリーナーは吹きつけた成分が乾く際、染み込んだ汚れを表面に浮かび上がらせることができます。

 

<before>

 

浮いてきた汚れは布で拭き取ります。

 

<after>

 

スエード・ヌバックの代表的な汚れ落としの方法をご紹介しました。
「汚れの見分けがつかない」など、不安なことがあればぜひ店頭でご相談ください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto

関連記事

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。