navi

コードバンのざらつきをキレイにしたい【前編】

京都店

シューケアマイスター部京都店の西澤です。

コードバンとは、馬のお尻部分の皮を加工した素材。希少性が高く、牛革に比べて高価な革です。
光沢の強さと、履き込んだときの独特の風合いに魅かれて、コードバンの靴を購入した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コードバンで作られた革靴は、履いた後のこの表情が最大の特徴です。

深く入ったシワ。その周辺は白くなり、ざらつきます。

これは革のコンディションが悪いわけではありません。コードバンの特性です。
そして、ここから表面をツルっと光沢がある状態にすることが、コードバンを磨く最大の楽しみです。

そのための工程は3つ。
1. 汚れを落とす
2. 圧力をかける
3. 光沢を出す

今回は1.と2.の工程をご紹介します。

 

 

汚れを落とす

M.MOWBRAY PRESTIGIO ステインクレンジングウォーター ¥1,000+税

汚れ落としには液体のクリーナーを使います。
ステインクレンジングウォーターは適度に油分を含んでいるため、水分で状態が変化しやすいコードバンにも使いやすいです。

 

ステインクレンジングウォーターを指に巻いた布に取り、表面を拭きます。強く擦らないように注意してください。

 

 

圧力をかけて、ざらつきを改善する

アビィ・レザースティック ¥7,000+税

「これは何?」
店頭でよくご質問いただきます。
確かに、何に使うかわかりにくいアイテムですよね。

ざっくり表現すると、レザースティックは革に圧力かけるための道具です。
そしてコードバンのざらつきをキレイにするには、このレザースティックを上手く使うことがポイント。

コードバンはツルっとしていますが、その表面はコードバン層と呼ばれる元々は起毛した層です。
その状態から毛を寝かせて繊維を凝縮させることで、あのツルッとした状態になっています。

 

シワ周辺のざらつきの原因は、ここにあります。

元々が起毛している素材なので、革が何回も曲がることで起毛が表出してざらついてしまうのです。

ということはその毛を寝かせてあげれば、ざらつきは改善するはず。

 

 

起毛した部分を落ち着かせるには、まずM.MOWBRAY アニリンカーフクリーム(¥1,000+税)を塗ります。

表面に薄くアニリンカーフクリームを塗ったら、レザースティックの出番です。

 

革に塗ったクリームが乾く前に、このようにレザースティックを使って表面から圧力をかけます。

ぐりぐりと押しても問題ありません。ある程度力を加えることで革の起毛した部分が落ち着いてきて、ざらつきが収まります。

 

今回はここまで。
ここから仕上げを施すことで、コードバン特有の光沢が戻ります。

後編ではbefore/afterの劇的な変化をお見せいたします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴直通)

Instagram:@shoecarekyoto

Twitter:@shoecare_kyoto



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。