navi

スエード×撥水スプレーで雨に強い足元を

こんにちは。京都工房のサオオです。

 

スエード(起毛皮革)の革靴は、雨の日には避けるべき。そう思われている方が多いかもしれません。

確かに、このような明るい茶色のスエード靴は雨染みができそうで、雨の日に履くのは怖くなってしまいます。

しかし、私たちは雨の日にこそ、スエードの革靴を履く習慣があります。

それは、スエードが撥水スプレーとの相性が非常に良いからです。

 

 

スエードの特徴

向かって右はスエード、他の2枚の革はスムースレザーと呼ばれる革です。

スエード…動物の皮膚の裏面を、紙やすりなどを使って毛羽をそろえた起毛皮革

スムースレザー…動物の皮膚の表面を、平滑に整えた革

 

この3枚の革に、霧吹きで水をかけてみます。

 

1分後の状態がこちらです。

左2枚のスムースレザーは表面にまだ水滴が残っていますが、右のスエードは水滴が残っておらず、革に吸収されました。

何もしていない状態のスエードは、比較的簡単に水を吸い込んでしまいます。

しかし、スエードには起毛していることによって、スムースレザーに比べて表面積(空気に触れている部分)が広いという特徴があります。

この特徴と撥水スプレーを組み合わせることが、雨に強くなるためのポイントなのです。

 

 

スエード×撥水スプレーが強力に水を弾く

M.MOWBRAY プロテクターアルファ 税込¥1,650

プロテクターアルファは革以外の素材にも対応した、オールマイティな撥水スプレーです。

 

最初にお見せしたスエードの靴に、プロテクターアルファを吹き付けます。

靴から約50cmほどの距離から、靴全体に均一に吹きかけます。

靴とスプレーの距離が近いと、吹き付ける量にムラができてしまいますので、ご注意ください。

この後、プロテクターアルファの成分が革に定着するまで30分乾燥させます。

 

30分後に水をかけてみると、この通りです。

水が玉になって弾かれていることが分かります。

強い撥水力が発揮されるのは、スエードの一本一本の毛に撥水スプレーの効果が得られているからです。

これが、私たちが雨の日にスエード靴を履く理由です。

 

 

もう少し寒い季節になるまでは、突然の雨や台風による大雨に注意が必要です。

スエード靴とプロテクターアルファの組み合わせで、雨に強い足元を準備してみてはいかがでしょうか。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

ジェイアール京都伊勢丹 6F 紳士靴売場

075-342-5693(紳士靴売場直通番号)

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。