navi

「塗りすぎはダメだよ」と教えてくれる革靴用クリーナー

シューケアマイスター部二子玉川店の寺田です。

 

「こんなにクリームを塗りすぎていたのか…」

革靴を拭いた布に、べったりと付着した黒い靴クリーム。

今まで磨いていた靴に、私が初めて革靴用の液体クリーナーを使ったときの記憶です。

 

よかれと思ってたくさん塗っていた靴クリーム。

「これだけごっそり落ちるのは、さすがに革に良くなさそうだ」と、布についたクリームを見て反省しました。

 

 

塗りすぎた靴クリームの行き先

革靴にはたっぷりとクリームを塗るべき。

たくさん塗れば、それだけ革は潤い、見た目も綺麗になる。

そう思いながら、靴を磨き続けていました。

 

そんなある日、雑誌で「革靴に塗られた古い靴クリームは、液体のクリーナーで落とした方が良い」との情報を目にしました。

その雑誌に載っていたクリーナーがステインリムーバーでした。

 

22年前、私の地元新潟では手に入らず、父が東京に出張した際に買ってきてもらいました。

当時はM.MOWBRAYのブランドネームではなく、容器も違っていました。(中身は現在販売されているものと同じです)

現行品はこちらのM.MOWBRAY・ステインリムーバー 60ml ¥660(税込)

 

布にステインリムーバーを染み込ませ、革靴を拭いた結果は最初にお伝えした通りです。

革に良いと思って塗っていた大量の靴クリームは、十分に染み込むことなく、革の表面に残っていたのです。

 

 

過剰なクリームを落とすクリーナー

革靴には皮革用クリームを使う必要があります。

靴を長持ちさせるため、見た目を綺麗に整えるための必需品です。

 

ただし塗りすぎは禁物です。

過剰なクリームは、革の表面に残ります。

これはツヤの出にくさ、革の通気性を損なうといった悪影響を及ぼします。

 

片足あたりのクリームの適量は、米粒2、3粒ほど。

しかし、これを知っていても実際は塗りすぎてしまうことが多いものです。

靴磨きに慣れていないと、「革のために」とついクリームの量を増やしてしまいます。

そこでステインリムーバーが役に立ちます。

 

ステインリムーバーは革に残っている古いクリームを落とすことができます。

最初の画像のように多くのクリームが布に付着すれば、それは前回塗ったクリームが過剰であった証拠です。

次にお手入れするときは、使うクリームの量を抑えてみてください。

 

 

靴クリームとステインリムーバーはいつも一緒に

前回の靴磨きで塗ったクリームをステインリムーバーで拭き取ってから、新たにクリームを塗る。

この流れを繰り返していると、自然と適量のクリームを塗れるようになってきます。

もしクリームを塗りすぎてしまっていても、ステインリムーバーを毎回使っていれば、次の靴磨きのタイミングでリセットできるため安心です。

 

革靴の良いコンディションを維持するために。

ステインリムーバーは靴クリームと同じく、革靴にとって必要不可欠なアイテムなのです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。